日曜美術館サイトにもどる
アーカイブ
2019年10月

2019年10月27日 / 旅の紹介 第102回 上野・谷中・小平へ 平櫛田中を感じる旅

6代目尾上菊五郎をモデルにした彫刻「鏡獅子」の作者として知られる彫刻家・平櫛田中(ひらくし・でんちゅう/1872-1979)。「六十七十ははなたれこぞう おとこざかりは百から百から」という言葉に表れているように、100歳を超えても創作意欲が衰えることのなかった平櫛田中を肌で感じたいと、東京でゆかりの地を巡りました。

denchu_01.jpg
上野桜木町、谷中霊園の脇にかつての平櫛田中のアトリエと邸宅が残っている。

つづきをよむ >>


2019年10月15日 / 旅の紹介 第101回 パリへ マネを感じる都市散歩の旅

エドゥアール・マネは19世紀パリの大規模な都市改造によってもたらされた生活者たちの日常をヴィヴィッドに描き出しました。マネの生家周辺から始まるパリ散歩で、その画家像に思いをはせます。

manet_01.jpg
ルーヴル美術館からすぐのところにあるテュイルリー公園。マネがよくデッサンに訪れた。

つづきをよむ >>