日曜美術館サイトにもどる
アーカイブ
2019年9月

2019年9月29日 / 旅の紹介 第100回 銀座・日比谷・築地へ 岸田劉生若き日の足跡をたどる旅

海外から新たな絵画が伝わった明治末から大正時代、ひたむきに“美”と向き合い、「麗子像」など独自の絵画を打ち立てた岸田劉生。劉生が生まれ育った銀座を中心に巡りました。

kishida_01.jpg
銀座4丁目交差点。この奥、中央通り沿いの銀座ど真ん中で岸田劉生は生まれ育った。

つづきをよむ >>


2019年9月 8日 / 旅の紹介 第99回 多摩丘陵へ 高畑勲から振り返る「里」の景色旅

2018年4月に亡くなった映画監督・高畑勲さんのアニメーションの仕事を回顧する展覧会が東京国立近代美術館で10月6日まで開催中です。日美旅では高畑監督の代表作のひとつ、「平成狸合戦ぽんぽこ」の舞台となった多摩丘陵を旅します。

takahata_01.JPG
町田市西成瀬・かしの木山自然公園に隣接した道路の脇に立てられた「横断者に注意」の立て看板。「横断者の」文字の横に「たぬき」と書かれている。

つづきをよむ >>


2019年9月 1日 / 旅の紹介 第98回 鳥取県・日野町/日南町へ 小早川秋聲のふるさとを行く旅

人口約4300人の小さな町、鳥取県日野郡日南町にある町立美術館「日南町美術館」。「國之楯」を描いた画家、小早川秋聲の展覧会を毎年のように開催、詳しい年譜をまとめ、画集も刊行するなど、地道な活動を続けてきました。今回は日南町と、隣接する小早川秋聲の郷里・日野町を訪ねます。

kobayakawa_01.jpg
8月18日まで日南町美術館で行われた企画展「とっとり美術散歩―名品セレクション編―」における小早川秋聲展示室にて。この後、「國之楯」は東京の画廊で8月31日から行われる展覧会に出展される。

つづきをよむ >>