日曜美術館サイトにもどる
アーカイブ
2019年1月

2019年1月27日 / 旅の紹介 第85回 瀬戸・名古屋へ 北川民次を巡る旅

1921年から15年にわたりメキシコに暮らした画家・北川民次(1894 -1989)は、帰国後愛知県の瀬戸市を気に入り、この町に長く暮らしました。民次を感じに、瀬戸と名古屋に出かけました。

tamiji_01.jpg
名鉄瀬戸線「新瀬戸駅」から徒歩7分、丘の上に建つ瀬戸市立図書館を彩る北川民次の壁画。

つづきをよむ >>


2019年1月 6日 / 旅の紹介 第84回 安曇野へ 写真家・田淵行男と北アルプスを感じる旅

山岳写真家であり高山蝶(コウザンチョウ)※の研究者としても知られた田淵行男(1905-1989)。田淵と、彼が愛した安曇野の自然を感じに長野県に旅します。

tabuchi_01.jpg
訪れたのは12月の初旬。北アルプスを眺める。雲の切れ目からのぞいている一番高い部分は田淵行男が206回登った常念岳。

※高山蝶……日本の高山に限ってすむ蝶の通称。本州では1500m以上、北海道では1000m以上の高地で生息するとされている。

つづきをよむ >>