日曜美術館サイトにもどる
アーカイブ
2017年7月

2017年7月23日 / 旅の紹介 第48回 唐津〜佐賀へ 青木繁をたどる旅

天才とうたわれながら不遇のうちにこの世を去った明治の洋画家・青木繁。代表作「海の幸」誕生の地である千葉県館山市布良(めら)や郷里の福岡県久留米市がゆかりの地としてよく知られていますが、佐賀も青木繁と深い縁がありました。晩年を過ごした土地・佐賀へ、青木を感じに行きました。

aoki_01.JPG
青木繁の常設展示室がある河村美術館(唐津市)。

つづきをよむ >>


2017年7月 2日 / 旅の紹介 第47回 岩手県花巻市へ 萬 鉄五郎を感じる旅

20世紀初頭、当時の前衛的な西洋美術の傾向に敏感にアンテナを張りつつ、新たな絵画の境地を求め続けた画家・萬鉄五郎(よろずてつごろう)。その作品にはまた独特の野性味がにじんでいると感じますが、故郷・岩手県花巻市東和町土沢(つちざわ)の風土からの影響があったと言われています。その地を訪ねました。

yorozu_01_.jpg
岩手県花巻市東和町土沢、萬がスケッチによく訪れた土沢城跡にて。何度となく “木の間から見下ろした町”を描いた。現在この丘に萬鉄五郎記念美術館がある。

つづきをよむ >>