日曜美術館サイトにもどる
アーカイブ
2017年4月

2017年4月30日 / 旅の紹介 第42回 京都・兵庫へ 広重「六十余州名所図会」をたどる旅

「東海道五十三次」で知られる浮世絵師・歌川広重。
それまで役者絵や美人画が主流であった浮世絵の世界に、風景画という新たな分野を確立させるきっかけをつくりました。
そして晩年、日本全国の名所を描いた「六十余州名所図会」が登場します。
この一連の作品に描かれた場所を旅します。

60yoshu_1_500.jpg
日本三景のひとつ、天橋立。天橋立は龍にも例えられる。

つづきをよむ >>


2017年4月16日 / 旅の紹介 第41回 チェコへ ミュシャを訪ねる旅

アルフォンス・ミュシャが晩年手がけた壮大な連作絵画「スラヴ叙事詩」全20点がそろって初来日中です。
そこではミュシャと聞いて多くの人が思い浮かべる、優美なパリ時代のアール・ヌーヴォーとは異なる作風が展開されています。
祖国に戻ったミュシャは何を思い、伝えようとしたのか。「スラヴ叙事詩」制作の地・チェコを旅しました。 

mucha_01.jpg
プラハ旧市街にある市民会館の「市長の間」に描かれたミュシャの天井画。

つづきをよむ >>