日曜美術館サイトにもどる
アーカイブ
2017年1月

2017年1月22日 / 旅の紹介 第35回 スペイン・グラナダへ 戸嶋靖昌を探す旅

画家、戸嶋靖昌がスペイン南部アンダルシア州のグラナダに移り住んだのは1976年の冬、42歳のときでした。
2000年に帰国するまで26年、ずっとこの街に暮らしました。帰国した後も亡くなる前年まで毎年訪れており、まさに戸嶋にとっての「帰るべき場所」でした。

toshima01.jpg
かつて戸嶋がアトリエを兼ねて住んだ家の窓からの眺め(現在は別の方が住まわれているが特別に撮影させてもらった)。グラナダ大聖堂がよく見える。

つづきをよむ >>


2017年1月15日 / 旅の紹介 第34回 京都へ 利休と樂焼を探す旅

千利休の「侘(わ)び茶」の思想を形にしたのが樂焼の起源と言われています。
初代長次郎は秀吉が京都に築いた城「聚楽第」の土を使い茶碗を焼きました。長次郎没後に、「今焼」から「聚楽焼」と呼ばれるようになりました。徳川の時代になり、二代常慶が徳川秀忠から「樂」の字を賜ったことにより「樂茶碗」の呼び名が一般的になったようです。
樂焼を生んだ背景を探るべく、樂家かいわいとかつての聚楽第の跡を歩いてみました。

rakuyaki01.jpg
京都市上京区の「晴明神社」。実は千利休の屋敷跡に建っている。境内には、利休が茶を点てたときに用いたとされる井戸も残る。

つづきをよむ >>


2017年1月 8日 / 旅の紹介 第33回 長野県小布施町へ 葛飾北斎を訪ねる旅

浮世絵界の大スター・葛飾北斎。
絶えず自己変革を続け、絵師としての高みを目指しました。
その最晩年の足跡が残る長野県上高井郡小布施町(おぶせまち)を訪ねました。

hokusai01.jpg
北斎が天井絵を描いた上町祭屋台(手前)と東町祭屋台(奥)。小布施・北斎館。

つづきをよむ >>