日曜美術館サイトにもどる

2018年4月 8日 / 旅の紹介 第65回 フランス・ペイルルバードへ ルドン発見の旅

1840年、フランスに生まれたオディロン・ルドン(〜1916年)は、生後すぐにボルドーの郊外リストラック=メドック村のペイルルバードという場所に里子に出されました。幼少期を過ごしたこの地がルドンの創作の源泉となったと言われています。

redon_01.jpg
一路ペイルルバードへ。ボルドーから車で30分も走るとあたり一面ブドウ畑の風景。

つづきをよむ >>


2018年3月25日 / お知らせ 井浦新さん 最終回を迎えての挨拶

日曜美術館で、2013年4月から5年間キャスターを務めて頂いた井浦新さんが、番組をご卒業となります。井浦さんから皆さんへのメッセージを頂きましたので、紹介させて頂きます。

井浦さんの言葉:
「大好きな日曜美術館の司会を務めさせていただくのは、たいへん光栄なことでした。番組に対して深い想いがあるからこそ、嘘なしに自分の言葉で『美術が好きだ』という想いだけで、見て感じたことを素直に伝える、それしか自分にはできることはないと思い、一回一回、学ばせて頂きながら真剣勝負で取り組ませてもらいました。
間違いなくこの5年間、かけがえのない素晴らしい経験と時間を頂きました。日曜美術館で学ばせてもらったことを、明日からの芝居に活かしてゆければと思いますし、4月からは再び、いちファンとなって引き続き、番組を楽しませていただきます。
日曜美術館を通じて会わせていただいた方々、支えて下さったスタッフと友人。そしてご覧くださった視聴者の皆様、本当にお世話になりました。心より感謝を申し上げます。ありがとうございました」

iurafin.jpg
日曜美術館の最終収録後、花束を受け取る井浦さん。

井浦さん、5年間本当にありがとうございました。


2018年3月18日 / 旅の紹介 第64回 井浦新 "にっぽん"美の旅 アニミズムの旅

「井浦新 “にっぽん”美の旅」。今回は古代、縄文時代からつらなる“アニミズム”を求めて、番組MC井浦新が北へ南へ、日本を旅しました。旅の中から見つけたものとは果たして――。振り返って話してもらいました(聞き手/出かけよう日美旅 編集部)。

animism_01.jpg
秋田・マタギに案内していただき、山の神のふところへ赴く井浦新。

つづきをよむ >>


2018年2月25日 / 旅の紹介 第63回 伊豆大島へ 不染鉄を探して

2017年、東京では初となる回顧展が行われ話題になった画家・不染鉄(ふせん てつ、1891〜1976)。東京小石川に生まれ、晩年は奈良で暮らしましたが20代半ば、3年間にわたる伊豆大島での暮らしは終生画家にとってのよりどころになっていたようです。大島へ旅し、不染鉄を感じます。

fusen01.JPG
今回宿泊した伊豆大島・岡田の宿を出たところからの眺め。岡田に暮らした不染鉄も、朝起きて港の向こうに富士山を毎日眺めたことだろう。

つづきをよむ >>


2018年2月 4日 / 旅の紹介 第62回 葉山へ 山口蓬春を巡る旅

2月4日放送「山口蓬春 絵に年をとらせるな」では、常に新しい表現を模索した日本画家・山口蓬春(ほうしゅん)の生涯を紹介しました。
伝統と現代的な感覚をあわせ持つ日本画が生まれた画室を、神奈川県三浦郡葉山町に訪ねました。

hoshun_1.JPG
山口蓬春記念館。蓬春の画室部分。建築家・吉田五十八(いそや)が1953年に設計、増築した。

つづきをよむ >>


2018年1月28日 / 旅の紹介 第61回 クリムトと世紀末ウィーンの旅

2018年はクリムト没後100年。クリムトが生涯を通じて活動の拠点としたウィーンの街を旅し、彼が生きた時代とその作品を肌で感じます。

klimt_01.jpg
ウィーン市内にある「美術史美術館」。階段ホールの装飾壁画の一部をクリムトが担当した。

つづきをよむ >>


2017年12月17日 / 旅の紹介 第60回 諏訪へ ジャポニスムの美に出会う旅

12月17日放送「HOKUSAIの衝撃 ジャポニスム」では、北斎に衝撃を受けた西洋の芸術家たちを紹介しました。フランスのガラス工芸家・エミール・ガレもまた、その一人です。ガレを通したジャポニスムの美に出会いに、長野県諏訪市を訪ねました。

japonism_01.JPG
信州最大の湖、諏訪湖。北斎も『冨嶽三十六景』などで描いた名勝地。

つづきをよむ >>


2017年12月 3日 / 旅の紹介 第59回 静岡へ ロダンを満喫する旅

12月3日放送「熱烈ダンギ!傑作ロダン」でも登場した静岡県立美術館は、ロダンを見たくなったらぜひ出かけていただきたい美術館です。今回の「出かけよう、日美旅」は静岡を旅しました。

rodin_01.JPG
静岡県立美術館・ロダン館にて。「ロダン館デッサン会」が行われていた。

つづきをよむ >>


2017年11月19日 / 旅の紹介 第58回 京都へ 木島櫻谷を巡る旅

11月、そろそろ樹々が赤黄に色づき始めた京都へ、明治から昭和に活躍した日本画家・木島櫻谷(このしまおうこく)を堪能しに行ってきました。

okoku_01.JPG
1912年の第6回文展で最高賞を受賞した木島櫻谷の「寒月」。その奥行き感、空気感、陰影の妙……、他で見たことのないような印象を受ける日本画です。

つづきをよむ >>


2017年11月12日 / 旅の紹介 第57回 東京で蒔絵の技に出会う旅

番組では、昭和3年に献上された御飾棚(おんかざりだな)に焦点を当て、その超絶技巧が紹介されました。日美旅では、蒔絵(まきえ)の技に注目。番組をご覧いただいた後、その魅力に触れられる場所を紹介します。

makie_01.jpg
「東京藝術大学創立130周年記念特別展 皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト」会場。一対の「御飾棚」(写真中央)他、大正から昭和最初期の献上品が展示されている。

つづきをよむ >>


2017年10月29日 / 旅の紹介 第56回 太宰府へ 文化交流拠点を感じる旅

九州国立博物館がある太宰府は、1300年も昔より大陸との交流の拠点となってきました。文化の交流・発信の拠点という視点から現在の太宰府の町を旅します。

dazaifu_01.JPG
福岡県太宰府市にある九州国立博物館。設計は菊竹清訓氏。

つづきをよむ >>


2017年10月22日 / 旅の紹介 第55回 特別展覧会「国宝」と京都国宝散策の旅

京都国立博物館では、特別展覧会「国宝」が開催中(11月26日まで)。今回の「出かけよう、日美旅」は、こちらの展覧会と組み合わせて京都で楽しむ国宝が見られるスポットを巡る旅にご案内します。

_kokuho_01c.jpg
国宝「雲中供養菩薩像」などが鑑賞できる宇治市・平等院内の平等院ミュージアム鳳翔館。 写真提供=平等院

つづきをよむ >>


2017年10月15日 / 旅の紹介 第54回 伊豆へ 慶派の仏像に出会う旅

今回の「出かけよう日美旅」では、慶派の仏像を求めて伊豆に旅します。慶派とは、運慶の父・康慶に始まり、鎌倉時代の仏像様式を確立した仏師の系統です。

unkei_01.jpg
伊豆の国市の「願成就院」にて。運慶による仏像が並ぶ大御堂(おおみどう)の様子。※番組内の映像より

つづきをよむ >>


2017年10月 8日 / 旅の紹介 第53回 秋の京都へ 狩野派に出会いに行く旅

「目指せ!天下一の絵師集団~狩野元信の戦略~」の放送に合わせ、出かけよう日美旅では、京都で狩野派の作品が見られる場所を旅します。
※文中に登場する寺院・展示施設の内部はいずれも通常は撮影不可です。この度は特別に許可をいただき撮影しています。

kanoha_01.JPG
左京区一乗寺にある「曼殊院門跡」にて。狩野永徳の「虎の図」。

つづきをよむ >>


2017年10月 1日 / 旅の紹介 第52回 現代の東京で『錦絵』と出会う旅

番組では、江戸中期に活躍した浮世絵師・鈴木春信(すずきはるのぶ)を紹介しました。
わずかな色しかなかった浮世絵版画から、錦のように色鮮やかな錦絵(にしきえ)が生まれた時の花形絵師が春信。現代の東京でその美に触れる旅に出かけました。

harunobu01.jpg
江戸末期の安政期から続く浮世絵の摺(す)りの工房「高橋工房」。ギャラリーを併設する。

つづきをよむ >>


2017年9月10日 / 旅の紹介 第51回 アメリカ東部の町へ アンドリュー・ワイエスをたどる旅

厳しい自然と、そこで懸命に生きる人々を描いたアメリカの画家、アンドリュー・ワイエス。
生涯、ペンシルべニア州チャッズフォードとメイン州クッシングという2つの町だけで制作しました。画家のすべてがあるそれらの町を訪ねました。

wyeth_01.jpg
メイン州クッシングのオルソン・ハウス。歳月にさらされた建物と、住人のクリスティーナとアルバロの姉弟がワイエスの心を強くとらえた。

つづきをよむ >>


2017年9月 3日 / 第50回 横浜へ ヨコハマトリエンナーレ2017をまわる旅

11月5日まで開催中の現代アートフェスティバル「ヨコハマトリエンナーレ2017」。そのあいさつ文には「作品を通して世界や人間についての思いを深める機会に」と書かれています。会場をまわって、番組でご紹介できなかった展示を中心にレポートします!

yokohama01.JPG
横浜美術館に入ったところの様子。インドネシア出身のアーティスト、ジョコ・アヴィアントの作品の存在感がすごい。 ジョコ・アヴィアント《善と悪の境界はひどく縮れている》2017 ヨコハマトリエンナーレ2017展示風景

つづきをよむ >>


2017年8月27日 / 旅の紹介 第49回 東京で日本の家を巡る旅

「小さな家たちの冒険」の放送と関連し、日美旅でも日本の住宅の魅力を肌で感じてみたいと思います。

まずは、現在開催中の展覧会「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」の監修者のひとりでもあり番組にもご登場いただいた塚本由晴さんのご自宅を訪ねました。こちらは、塚本さんと、妻でやはり建築家・貝島桃代さんの住居であるのと同時に、ふたりが代表を務める建築設計事務所「アトリエ・ワン」のオフィスでもあります。

※今回の「出かけよう、日美旅」でご紹介する場所のうち一般の方が訪れることができるのは、「前川國男邸」のみです。ハウス&アトリエ・ワンは事務所兼個人の住居なので、この記事だけでお楽しみください。

つづきをよむ >>


2017年7月23日 / 旅の紹介 第48回 唐津〜佐賀へ 青木繁をたどる旅

天才とうたわれながら不遇のうちにこの世を去った明治の洋画家・青木繁。代表作「海の幸」誕生の地である千葉県館山市布良(めら)や郷里の福岡県久留米市がゆかりの地としてよく知られていますが、佐賀も青木繁と深い縁がありました。晩年を過ごした土地・佐賀へ、青木を感じに行きました。

aoki_01.JPG
青木繁の常設展示室がある河村美術館(唐津市)。

つづきをよむ >>


2017年7月 2日 / 旅の紹介 第47回 岩手県花巻市へ 萬 鉄五郎を感じる旅

20世紀初頭、当時の前衛的な西洋美術の傾向に敏感にアンテナを張りつつ、新たな絵画の境地を求め続けた画家・萬鉄五郎(よろずてつごろう)。その作品にはまた独特の野性味がにじんでいると感じますが、故郷・岩手県花巻市東和町土沢(つちざわ)の風土からの影響があったと言われています。その地を訪ねました。

yorozu_01_.jpg
岩手県花巻市東和町土沢、萬がスケッチによく訪れた土沢城跡にて。何度となく “木の間から見下ろした町”を描いた。現在この丘に萬鉄五郎記念美術館がある。

つづきをよむ >>