瀧川 剛史

2019年12月03日 (火)

渋谷を愛して20年 瀧川剛史

「100年に1度」と言われる

再開発が進む渋谷。

先日、渋谷に新しく開業した

高層ビルに行ってきました。

高さ230メートル!

2019120301T.JPG

東京タワーに東京スカイツリー、

六本木や新宿、さらに、富士山まで。

快晴だったこともあり、

観光名所を一気に見られました。

2019120302T.jpg

NHKも見えました!

(写真右上、代々木公園の木々の脇です)

 大勢の人でにぎわう

駅前のスクランブル交差点は、

ジオラマのようでした。

 

渋谷の景色を眺めながら、

この街との深い縁を、改めてかみしめました。

 

奈良で暮らした子どものころは、

「都会=渋谷」のイメージ。

18歳で上京したときには、

東京に全く土地勘がなかったので、

とりあえず、渋谷のど真ん中にある洋食屋で

アルバイトを始めました。

熱々の鉄板にのせたハンバーグを

必死に運んでいたものの、

なかなか気の利いた接客ができず

悩んだのも、懐かしい思い出です。

 

いまでは、

仕事がある平日はもちろん、

休日に渋谷に遊びに来ることもしばしば。

ハロウィーンの混雑など、

にぎやか過ぎるかなぁ、

と思うこともありますが、

何だか人を集める力のある、

魅力的な街だと思います。

 

東京オリンピック・パラリンピックを控えて、

渋谷、そして、東京の景色が

どう変わっていくのか、楽しみですね。

2019120303T.JPG

この記事を書いた人

瀧川 剛史アナウンサー

奈良県出身、2004年入局。京都局・沖縄局を経て東京アナウンス室所属。 ニュース7のキャスターとしては、2015年以来4年ぶりの担当。 休日は、即興の創作童話を子どもに聞かせて寝かしつけるのが習慣。 過去には「おはよう日本」「正午ニュース」のほか、緊急報道や特設ニュース等を担当。 趣味は水泳と熱帯魚観賞、読書。

アナウンサーのプロフィールはこちら

ページの先頭へ