瀧川 剛史

2019年04月05日 (金)

よろしくお願いします 瀧川剛史

taki.jpg

4月から平日のキャスターを担当しています、瀧川剛史です。

これまで京都、沖縄で勤務し、東京では「おはよう日本」や「正午のニュース」のほか、

緊急報道や特設ニュースなどを担当してきました。

 

多くの皆さんにご覧いただいている「ニュース7」を担当する責任の大きさに、

正直、とても緊張しています。

 

夜7時、NHK にチャンネルを合わせていただいた皆様の貴重な時間をお預かりする以上、

「見てよかった」「またあすも見たい」

そう思っていただけるようにすることが、私の役目だと思います。

 

主役は、あくまでも一つ一つのニュースです。

私は視聴者の皆さんのために何かできるかに集中するつもりです。

素朴な疑問を番組作りに生かす、

伝えたいこと、伝えなければならないことを、とことん大切にする。

喜怒哀楽を含むニュースの“熱量”まで、的確に表現する。

そんなことを大切に、日々丁寧に向き合っていきたいと思います。

 

新年度初日は、新元号「令和」を伝えるニュースから始まりました。

いよいよ新しい時代がやってきます。

この春は、時代の転換点に立ち会う高揚感を皆さんと共有する機会が多くなりそうです。

 

では、夜7時にお会いしましょう!

この記事を書いた人

瀧川 剛史アナウンサー

奈良県出身、2004年入局。京都局・沖縄局を経て東京アナウンス室所属。 ニュース7のキャスターとしては、2015年以来4年ぶりの担当。 休日は、即興の創作童話を子どもに聞かせて寝かしつけるのが習慣。 過去には「おはよう日本」「正午ニュース」のほか、緊急報道や特設ニュース等を担当。 趣味は水泳と熱帯魚観賞、読書。

アナウンサーのプロフィールはこちら

ページの先頭へ