井上 あさひ

2018年01月04日 (木)

"でっかい愛"に背中を押され 井上あさひ

あけましておめでとうございます。
今年も「ニュース7」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

sego.jpg

 

 

 

 

 

 


 

昨年末、私は鹿児島に行ってきました。
大河ドラマ「西郷どん」放送スタートに合わせて、
あの西郷さんの知られざる姿に迫る「歴史秘話ヒストリア」(1月5日(金)放送)のロケです。

歴史上の偉人を調べていくと、知れば知るほど人間味が増していき、
偉人でありながら、親近感が湧いてくるということが多いのですが、
西郷さんもまさにそういう方でした。

最初から完璧な決定力や推進力があったわけではありません。
むしろ、“おおらかでどっしり”というイメージからはほど遠い、
まっすぐで大胆、そして「激情家」の一面があったというのです。
西郷さんはその気質から、周囲を驚かせるようなことをしながらも、
苦しんで、もがいて、その中で多くの人の愛に支えられます。
大切な人たちから受け取った愛に支えられた西郷さんは、
敵からも慕われるような寛大さや、損得勘定を超えた行動ができる思いやり、
何事にも動じない固い意志を、年々強く大きくしていったのかもしれません。

今回、訪問した鹿児島での地元の方々との出会いの中で、
この土地にある懐の深い独特の魅力を感じました。
南国らしいおおらかな感じや、言葉の力強さ、響きなどから伝わる鹿児島の人々の魅力は、
やはりどこか西郷さんの魅力と通じているように感じます。

sego1.jpg

 

 

 

 

 

 

 


今回のテーマは西郷さんの“でっかい愛”。
番組では、ゆかりのスポットを巡りつつ、「主君への愛」、
京都で出会った「女性との愛」、
最後まで一緒だった「忠犬への愛」の3つの愛の話を軸に、
維新の英雄“西郷どん”の魅力をお伝えします。

去年1年間も、さまざまな場所で、歴史上の人物や出来事の足跡をたどりました。
するとそこにはいつも、その歴史への地元の方々の強い愛情がありました。
歴史は書物の中だけにあるものではなく、
体温を伴って、土地や生活の中に深く根づいているものだと、しみじみ感じます。
これからも、そうした歴史との出会いをご家族みなさんで
一緒に体験できる番組を目指していきます。

「歴史秘話ヒストリア」、1月12日(金)の放送では、
西郷隆盛の弟分で無二の親友、大久保利通についてお送りします。
どうぞご覧ください。

sego5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事を書いた人

井上 あさひアナウンサー

岡山県出身、2004年入局。鳥取局・広島局・京都局に勤務し、 「ニュースウオッチ9」「クローズアップ現代+」キャスターを務めた。 今年度は、土日祝日の「ニュース7」のほか「歴史秘話ヒストリア」キャスターも務める。 高校時代は野球部のマネージャーで、現在もカープファン。 平日担当の鈴木奈穂子アナウンサーとは入局同期。

アナウンサーのプロフィールはこちら

ページの先頭へ