高井 正智

2019年05月10日 (金)

平成の終わり、令和の始まり

平成が終わり、令和へ。

いよいよ新しい時代が幕を開けましたね。

 

平成最後の日となった4月30日。令和最初の日となった5月1日。

みなさんは、どう過ごされましたか?

私は、いずれの日も、皇居周辺で取材を行いました。

05101.jpg

 

平成最後の日は、雨が降ったりやんだりの天気。

それでも、多くの人が、傘を手に皇居前にやってきていました。

 

05102.jpg

 

多くの人が集まっていましたが、周辺は、静かで、厳かな雰囲気。

宮内庁担当の記者も

「皇居の中も、いつも以上の静けさの中で時が流れていた」と振り返ります。

時代の節目、平成最後のあの空気。ずっと忘れられないものになりそうです。

 

そして迎えた翌日、令和初日。

朝こそ小雨が降っていましたが、昼頃には雲の合間から青空が見えるように。

新たに即位された天皇陛下と皇后さまが皇居に向かう沿道には、たくさんの人の列ができていました。

 

05103.jpg

 

夜の中継でもお伝えしたんですが、

この日、私は、現場にいた皆さんに「令和はどんな時代になってほしいですか?」と質問しました。

 

様々な回答がありましたが、

多くの人が答えたのが「平成は災害が多かった印象があるので、災害のない時代」。

そして、50人を超えるほぼ全員が答えたのが「平和な時代」です。

 05104.jpg

 

時代の節目だからこそ、投げかけてみたかった質問。

時代の節目だからこそ、あらためて、みなさんが考え、返してくださった回答。

 

いつも心にとどめて、現場取材に向かいたいと感じました。

令和の時代も、ニュース7、よろしくお願いいたします。

 

 

 

この記事を書いた人

高井 正智アナウンサー

2002年入局。盛岡局・広島局を経て東京アナウンス室勤務。「ニュースウオッチ9」リポーターや「週刊 ニュース深読み」「正午ニュース(土日祝)」キャスターを担当し、現場取材や緊急報道に携わってきた。好きな食べ物は、盛岡で奥深さを教わったそば、広島では週の半分くらいお世話になったお好み焼き、自分でもよく作るスパゲティ・カルボナーラなど。趣味は読書。蔵書で徐々に部屋が侵食されている。東京都出身。

アナウンサーのプロフィールはこちら

ページの先頭へ