井上 裕貴

2019年03月15日 (金)

空の上の自問自答  井上裕貴

どんな現場であれ、取材中、その場その場で自問自答が続きます。

「さあ、何を伝えるんだ?ここに立って、何を感じるのか?」と・・・。

 当然、それぞれが違う問答になりますが、

中でも、いつも自分の心にまっすぐ問いかけてくる場所があります。

40000.jpg

東北の被災地です。

あのとき、取材者として現場に立っていたにも関わらず、

何も出来なかった無力感がしこりのように残っているからかもしれません。

それは、震災から1年、3年、5年、そして8年と歳月を経ていく中で、

被災地で暮らしているわけではない自分にとってさらにゴツゴツしたかたちとなり、

心の一番弱いところ、丸裸の自分にまっすぐ問いかけてくる気がするのです。「自分に何が伝えられるんだ?」と。

大げさに構えすぎかもしれませんが、ずっと底流にある偽りない思いです。

 

そんな折、ことしも「ニュース7」でヘリコプターからのリポートを担当しました。

お伝えするのは、空からみた仙台市のいまの現実です。

活気と明かりを取り戻した市中心部とは対照的に、沿岸部では人が戻らず、人口の流出が続いています。

機上前、その沿岸部を訪ねました。

41000.jpg

仙台市若林区、震災遺構として残る荒浜小学校です。

この日も、各地からやってくる団体ツアーの人たちを、静かに迎え入れていました。

海岸沿いでは、多くの復興作業員の姿。かさ上げされた土地や、巨大な防潮堤が整備されています。

でも、風景の中で足りないものは、やはり、地元の人たちの姿です。

42000.jpg

時間が許す限り、ただただ足の向くまま、心の向くままに。

震災と向き合うとき、そんな余白のような時間があったほうがいいように感じています。

なぜなら、そこに立てば、必ず、誰かの想いに触れることになるから。

その場所にあったはずの日常を、想像せずにはいられないから。

答えは簡単に見つからないけど、必ず、前に進む力をもらえるから。余白は、いつもあっという間に埋まります。

48000.jpg

そして夕方、ヘリポートへ。

44000.jpg

左から、去年も一緒に空からリポートした五十嵐カメラマン、パイロット歴33年の矢口正昭さん、

整備士の内田和市さん、そして整備補助の武田脩さんです。心も満タン、燃料も満タン。いざ、テイクオフです。

46000.jpg

8年が経ち、風景が変わった被災地の空高く。

機体が旋回するとともに、最大限の自問自答の開始です。

さあ、何を伝える?

47000.jpg

眼下には、暗闇の中、道路だけが浮かびあがる沿岸部が広がります。

皆さんは、何を感じますか?

 

                   

この記事を書いた人

井上 裕貴アナウンサー

2007年入局。松江局を経て2011年からアナウンス室勤務。 「おはよう日本」「ニュースウオッチ9」リポーターとして、 国内外の災害や事件・事故などを取材。 その後「これでわかった! 世界のいま」キャスターを担当した。 兵庫県出身。2歳から18歳までアメリカ・カリフォルニア州で過ごした。

アナウンサーのプロフィールはこちら

ページの先頭へ