平野 有海

2018年07月22日 (日)

熱中症、その時に  平野有海

 
気象予報士の平野有海です。
 
危険な暑さが続いています。
 
 
今月14日、
 
人が熱中症で倒れる現場に遭遇しました。
 
 
意識が無い
救急車を呼ぶ
嘔吐があるので体を横にする
なるべく体をを冷やす
服を緩める
 
 
幸いにも見ず知らずのその方は
 
救急車の到着前に意識を取り戻してくれました。
 
 
その場面に遭遇したとき、
 
私が咄嗟に思い出したのは
 
環境省の熱中症予防情報サイトです。
 
http://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_checksheet.php
 
あすは自分や自分の大切な人が
 
熱中症になるかもしれません。
 
どうぞ一度目を通して見てください。
 

20180722.png
 
写真は、
 
あまりの暑さに
 
雨乞いをする斉田先輩です()
 
 
私が持っているのは
 
気象庁のキャラクター「はれるん」。
 
顔は太陽、体は雲と雨でできています。
 
 
斉田先輩も私も衣装が
 
はれるんと同じ雨カラーです。
 
 
こう暑さが続くと、
災害にならない程度ならと、
 
暑さを和らげてくれるにわか雨が
 
恋しくなります。

この記事を書いた人

平野 有海気象予報士

幼少期を海と山に囲まれて過ごす。自然災害の多い静岡でニュースの現場に携わるうち、気象の世界に興味を持ち、2013年、気象予報士の資格を取得。 「ニュース シブ5時」の気象キャスターなどを務めた。趣味はダイビング。潜水士の資格も持ち、海中リポートを担当したことも。 好きな天気は学生時代2年間を過ごした「米国オレゴン州ポートランドの短い乾期」。

ページの先頭へ