番組情報

Nコンマガジン スーパー合唱教室
4月~6月 毎週土曜日 午後4:50~5:00  Eテレ
再放送 ★小学校の部 第1回~第4回
5月24日(日)午前1:00~1:40 ※23日(土)深夜  Eテレ
再放送 ★中学校の部 第5回~第8回
6月21日(日)午前1:15~1:55 ※20日(土)深夜  Eテレ
NEW 再放送 ★高等学校の部 第9回~第12回
6月28日(日)午前1:15~1:55 ※27日(土)深夜  Eテレ
※放送日時は変更になる場合があります。
Nコンでは3月にNHKみんなの広場ふれあいホールで「スーパー合唱教室」を開催し、合唱指揮者が一般公募の小・中・高校の児童・生徒たちに、課題曲のレッスンを行いました。
Nコンマガジン「スーパー合唱教室」ではその模様をお伝えするほか、課題曲の初演に向けたNHK東京児童合唱団の練習などにも密着。バラエティに富んだレッスンの様子を紹介していきます。
※動画クリップは放送後に公開します
第1回〜第4回
指導:武田雅博さん、浅野深雪さん
指導者紹介
第5回~第8回
指導:金田典子さん、大門康彦さん
指導者紹介
第9回~第12回
指導:雨森文也さん、辻秀幸さん
指導者紹介
指導者紹介
武田 雅博 さん
1953年東京生まれ。国立音楽大学教育音楽学科卒業。1977年ウエストミンスター・クワイヤ・カレッジにて研修。合唱指揮法最優秀ディプロマを取得。同年、ロバート・ショウ氏のワークショップに参加し、合唱指導法を学ぶ。岡本敏明、小山章三、萩原英彦、デニス・シュルック、各氏に師事。
現在、合唱指揮者としてコンサート、 レコーディング、新作の初演、コーラスマスターとしてプロオーケストラとの共演など、 演奏活動に取り組んでいる。また、全国各地での合唱講習会、指導者講習会、全日本合唱連盟並びにNHK全国学校音楽コンクールでの講師・審査員を数多く担当している。「短時間でうまくなる合唱指導」(音楽之友社)著。「おもしろ合唱事典」(音楽之友社)著。「歌いつぐ日本のうた」(教育芸術社)監修。 他、編著、共著。CD、DVDなど多数。
世界合唱連合(IFCM)、日本演奏連盟、日本合唱指揮者協会、各会員。
浅野 深雪 さん
武蔵野音楽大学声楽科卒業。声楽を川村英司氏、合唱指揮を関屋晋氏に師事。
歌い手として、晋友会合唱団ソプラノの軸として活躍しながら、ドイツリート、日本歌曲等で多くの演奏会に出演。
合唱指揮者としては東京、神奈川で9団体を指揮するほか、全国に指導のため出向き、数多くの合唱団を陰で支えている。
日本合唱指揮者協会実行委員。かながわ合唱指揮者クラブ会員。
日本声楽発声学会会員。NHK全国学校音楽コンクールでは、第78回と今年の第82回小学校の部の初演指揮者を務めた。
金田 典子 さん
日本大学芸術学部音楽学科声楽科卒業。同大学芸術研究所研究科修了。カンテムス国際指揮者ワークショップ・マスターコースにおいてサボー・デーネシュに師事し修了。ディプロマ取得。第4回カンテムス国際合唱コンクール審査員を務める(ハンガリー)。声楽を渡辺馨、合唱指揮法を大谷研二に師事。声楽ではソプラノジョイントリサイタルを開催するほか、ミサ曲のソリストを務めるなど演奏活動を行ってきた。指揮では、NHKの番組や「キャロルによるカノン/髙嶋みどり作曲」、「N児が選ぶ日本の歌50選」、「花は咲く〜心に届け!うたのチカラ〜」などのCD録音を行う他、児童合唱の可能性追求に意欲的に取り組んでいる。NHK東京児童合唱団常任指揮者、全日本幼児教育連盟顧問、埼玉県合唱連盟理事、日本大学芸術学部音楽学科講師。
大門 康彦 さん
富山市出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業後、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院に留学。在欧中はドイツの聖ツェノ教会専属バス歌手をつとめるほか、オランダ、イタリア、オーストリア各地で演奏会にも多数出演。藝大在学中より、辻正行氏のもとで合唱指揮を始める。声楽を小澤 慎一郎、高折 続、渡邊 高之助、各氏に師事。発声法をルドルフ・クノル氏に、ドイツ歌曲をトム・ボレン、ロベルト・ホル、ハンス・ホッター各氏に、オラトリオ重唱、解釈をヴァルター・ラニンガー氏に師事。帰国後はオペラ・オラトリオ・ドイツ歌曲・日本歌曲などを中心に歌手としての活動と、合唱指揮者としての活動を行う。
現在、東京・千葉・埼玉・茨城・富山を中心に合唱団の指導を手がける。
日本合唱指揮者協会理事、81プロデュースアクターズスクール声楽講師。
今年の第82回中学校の部女声三部の初演指揮者を務めた。
雨森 文也 さん
1959生まれ。指揮法を黒岩英臣、ピアノを立川のぶみの各氏に師事。現在は、CANTUS ANIMAE(東京)合唱団まい(長野)うたふぐるま(岐阜)SCHOLA CANTHORUM KUMAMOTO(熊本)など、11団体の音楽監督を務める。全日本合唱コンクール全国大会で通算30度の金賞を受賞。2002年世界合唱オリンピックに於いて、CANTUS ANIMAEが混声室内合唱部門でオリンピックチャンピオン(金賞第1位)に輝き、同時に指揮者賞を受賞。2008年にはアレッツォ国際ポリフォニーコンテスト(イタリア)に於いて合唱団まいが時代区分別コンペティション(バロック部門)に於いて第1位を受賞し、同時に最優秀指揮者賞も受賞。近時は、オーケストラとの学校公演などの指揮者としても積極的に活動している。日本合唱指揮者協会会員。
辻 秀幸 さん
東京藝術大学声楽科及び同大学院独唱科修了。声楽を渡邊高之助、宗教音楽を小林道夫、佐々木正利の各氏に師事。1985年イタリアのミラノを中心にヨーロッパへ音楽遊学。L.グゥアリーニ女史、F.タリアヴィーニ、H.リリングらの各氏に師事。1986年イタリアのノバラ市国際声楽コンクール入賞。同年ドイツのハイデルベルク、1988・89年にはウィーン楽友協会大ホール、2000年にはカイザースラウテルン、パッサウ他、数都市でベートーヴェン“第9”のソリストを努め、 ヨーロッパ各地でコンサートに出演し好評を博す。国内でもドイツ・イタリア・日本歌曲を中心に各地でユニークなリサイタル活動を展開している。 現在指導に当たっているアマチュア合唱団は13団体を数える。洗足学園音楽大学客員教授、日本合唱指揮者協会副理事長、共著に「わかって歌おう − レクイエム発音講座」、「フィガロの結婚 発音講座」等がある。
今年の第82回高等学校の部女声三部の初演指揮者を務めた。
ページトップへ