第85回 課題曲

Nコン2018課題曲テーマは「一歩」

第85回 小学校の部 課題曲

作詞:工藤 直子さん

作詞:工藤 直子さん

1935年生まれ。詩人、童話作家。著書に詩集『てつがくのライオン』、『のはらうた』、絵本『おいで、もんしろ蝶』(絵・佐野洋子)、『「いる」じゃん』(絵・松本大洋)、エッセイ集『まるごと好きです』など多数。
1983年に『てつがくのライオン』で日本児童文学者協会新人賞、1985年『ともだちは海のにおい』で産経児童出版文化賞、1990年『ともだちは緑のにおい』で芸術選奨新人賞、2008年『のはらうたⅤ 』で野間児童文芸賞を受賞。子ども向けの詩を多く執筆し、国語の教科書に掲載されている作品も多い。Nコン課題曲の作詞は第66回小学校の部「ほほう!」、第73回「まいにち「おはつ」」に続いて3回目となる。

工藤 直子さんからのメッセージ

工藤 直子さんからのメッセージ

作曲:松下 耕さん

NEW 作曲:松下 耕さん(作曲家)

1962年生まれ。東京都出身。国立音楽大学作曲学科首席卒業。その後、ハンガリーで合唱指揮を学ぶ。現在、作曲・指揮の両分野から、合唱研究を多角的に行っており、その作品は国内のみならず世界各国で広く演奏されている。これまでに国内および諸外国にて個展が開催された。合唱作品以外の楽曲でも、中国・深圳でオーケストラ作品が世界初演され、2017年にはバンド維新の委嘱により、吹奏楽作品が初演された。同時に、東京合唱アライアンス〈耕友会〉芸術総監督として12団体の音楽監督を務め、各合唱団はヨーロッパの数々の国際合唱コンクールでグランプリ等の優秀な成績をあげている。2005年、合唱音楽における国際的かつ優れた活動が認められ、「ロバート・エドラー合唱音楽賞」をアジア人で初めて受賞。現在、国際的に名を知られる合唱の祭典「軽井沢国際合唱フェスティバル」および作曲コンクール「日本国際合唱作曲コンクール」の芸術監督を務めるほか、合唱音楽を発展させ、国際交流の場としても盛り上げたいと「東京国際合唱コンクール」を企画、その総合プロデューサー・芸術監督を担当している。
これまで制作したNコン課題曲に、65回(平成10年)中学校の部「タンポポ」、67回(平成12年)高等学校の部「はじめに・・・・・・」、71回(平成16年)中学校の部「信じる」、74回(平成19年)高等学校の部「言葉にすれば」(ゴスペラーズとの共同制作)がある。小学校の部の作曲は今回が初。

松下 耕さんからのメッセージ

全国の、歌が大好きな小学生の皆さん、今年は工藤さんと私が課題曲を担当することになりました。
みんなが楽しく、元気に歌える曲にしようと思っています。
「勇気が出る」うたを、いま一生懸命、作曲中です。曲の発表まで、もう少し待っててね。

第85回 高等学校の部 課題曲

つんく♂さん

作詞:つんく♂さん

1968年、大阪府出身。1988年、シャ乱Qを結成、92年にメジャーデビュー。『ハロー!プロジェクト』所属のユニットをはじめ数多くのアーティストのプロデュースや楽曲提供を手がけ、国民的エンターテインメント・プロデューサーとして幅広く活躍中。
2015年4月、母校である近畿大学の入学式で、喉頭がんの治療のため、声帯摘出手術を受けていることを公表した。命と引き換えに失ったものは何よりも大切にしてきた「声」。喉頭がんで声帯を全摘出するという苦渋の決断を下したが、声を失っても希望は失われないという生き方に勇気をもらっている人も多い。

つんく♂さんからのメッセージ

つんく♂さんからのメッセージ

作曲:上田 真樹さん(作曲家)

NEW 作曲:上田 真樹さん(作曲家)

東京都出身。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。同大学大学院音楽研究科音楽学専攻博士課程修了。第12回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門第二位入賞。混声合唱とピアノのための組曲『鎮魂の賦』で第18回朝日作曲賞受賞。作曲を高橋裕、加藤徹也、川井學の各氏に、ピアノを秋庭津代子、森正、故・小林睦子の各氏に師事。主な作品に、合唱組曲『夢の意味』、オーケストラのための「あけぼの」、フルートとピアノのための『抒情小組曲』、童声合唱組曲『あらしのよるに』、合唱組曲『終わりのない歌』など、多くの出版やCDを手がける。現在、国立音楽大学、桐朋学園大学で非常勤講師を勤めている。
これまで担当したNコン課題曲に、77回(平成22年)中学校の部「I♡×××」編曲、78回(平成23年)高等学校の部「僕が守る」がある。

上田 真樹さんからのメッセージ

課題曲「僕が守る」を作曲してから7年が経ちます。
今回は第85回の記念すべきNコンの課題曲。
高校生の皆さんが前向きに「一歩」を踏み出せるような曲を書けるよう努めますので、よろしくお願い致します!

第85回 中学校の部 課題曲

Superfly さん

制作:Superflyさん

2007年にシングル『ハロー・ハロー』でデビュー。
2009年には日本武道館公演、2011年には初のアリーナツアー、2015年には第66回NHK紅白歌合戦にも初出場したほか、2016年には過去最大規模となる7都市全11公演のアリーナツアー『Superfly Arena Tour 2016 “Into The Circle!”』を開催し、約10万人を動員。
デビュー10周年を迎えた今年2017年4月4日、ファン投票によるベストアルバム『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits “LOVE, PEACE & FIRE”』をリリース。オリコン1位を獲得した。
J-POPシーンに独自のバンドサウンドで挑戦し続け、その圧倒的なボーカル、ライブパフォーマンス、そしてオリジナリティ溢れる音楽性が大きな注目を集めているアーティストである。

Superfly さんからのメッセージ メッセージ動画を見る

Superfly さんからのメッセージ

Superfly さんからのメッセージ

★制作および合唱編曲の担当者の詳細は後日、発表します。お楽しみに!★

ページトップへ