第89回 課題曲

Nコン2022課題曲テーマは「声」

歌う、誰かと語らい心を通わせる。自分の思いを宣言する。
“声”はあなたを表現し、世界とつながる鍵(かぎ)となる。
今、この時だからこそ“声”の力を感じてほしいという願いをこめて…

小学校の部 「とどいてますか」

中学校の部 「Replay」

高等学校の部「無音が聴こえる」

小学校の部「とどいてますか」
作詞:谷川 俊太郎 作曲:新実 徳英

谷川 俊太郎さん撮影:深堀瑞穂

谷川 俊太郎(詩人)

1931年東京生まれ。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。1962年「月火水木金土日の歌」で第四回日本レコード大賞作詩賞、1975年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、1982年『日々の地図』で第三十四回読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で第一回萩原朔太郎賞など受賞・著書多数。詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表している。
Nコン課題曲の作詞は第41回中学校の部「青空のすみっこ」、第62回高等学校の部「生きる」、第71回中学校の部「信じる」、第77回高等学校の部「いのち」を手がけた。

谷川俊太郎さんからのメッセージ

耳で聞くだけでなく、自分の声で、自分の気持ちで答えたくなるような歌になったと思います。誰かが歌っていると自然に自分もそこに参加したくなる、一人の自分の歌がそのまま何人もの違う自分の歌になる、それが合唱の始まりです。単数のメロディが複数のハーモニーになることで、生まれる美しさ、それは人間社会のありかたそのものではないでしょうか。

新実 徳英さん

新実 徳英(作曲家)

東京大学工学部卒、東京藝術大学作曲科卒、同大学院修了。オペラ「白鳥」、管弦楽曲は「風神・雷神」他多数あり国内外で演奏されている。「協奏的交響曲エランヴィタール」で尾高賞、他中島健蔵音楽賞、文化庁芸術祭大賞、別宮賞等。器楽、室内楽、邦楽、合唱作品等多数。谷川雁との共作「白いうた青いうた」53曲、和合亮一の詩による「つぶてソング」12曲は広く歌われている。18年NYで開催のミュージック・フロム・ジャパン音楽祭での新作を含む作品個展が好評を博す。
Nコン課題曲の作曲は第51回中学校の部「虹のうた」、第58回高等学校の部「聞こえる」、第62回高等学校の部「生きる」、69回小学校の部「おさんぽぽいぽい」、第74回小学校の部「手をのばす」第80回高等学校の部「ここにいる」を手がけた。

新実徳英さんからのメッセージ

宇宙の広がりを3分半に盛りこむ、多様性(たようせい)と統一性(とういつせい)を持たせる、小学生ばかりでなく、中高生、大人たちも歌いたくなる、そんな曲にしたいと思ったのでした。
ボクたちは日々新しい。子どもだって大人だって毎日生まれ変わっている。そんなこともこの歌を歌って感じて欲しいのです。
ともあれ、コンクールは子どもたちの祭典だ。皆さんが力いっぱい呼びかけ、優しく歌い、疑問を投げかけ、そして手拍子やら足拍子…全身で宇宙をつかむのです。
楽しく、美しく、力強く、歌い上げてください。

中学校の部「Replay」
作詞:北村 匠海 作曲:西尾 芳彦&DISH// 編曲:田中 達也

DISH

DISH//

北村匠海(Vo/G)、矢部昌暉(Cho/G)、橘柊生(DJ/Key)、泉大智(Dr)の4人で構成されたバンド。
2011年12月に結成。2021年12月25日に結成10周年を迎えた。2020年YouTubeで公開された「猫」の歌唱動画が話題となり、「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」およびオリジナル「猫」が各配信サイトにてストリーミング再生回数が合算4億回を突破するなど、ロングヒット中。
2021年NHK「紅白歌合戦」に初出場。映画やドラマ、舞台など、4人は個々でも活動を行っている。

北村匠海さん(Vo/Gt)からのメッセージ

思い出っていつまで経っても風化しないんです。いつまでもキラキラしたままなんです。なんなら日を増すごとに輝いていくんです。ただ、もう戻ってこないんです、過去になってしまう。そうなる前に今を輝いて生きることがどんなに大切かを歌詞に込めました。
こんな時代だけど、今は今にしかなくて必ず過去になってしまいます。じゃあ笑って生きないでどうするんだと、みんなで大声出さないでどうするんだと、ちょっとだけ先に学生生活を送った僕たちからの思いです。みんなの声で早くこの曲を聞いてみたいです。

矢部昌暉さん(Gt/Cho)からのメッセージ

人生一度きり。良かったことも悪かったことも、学生の頃の思い出は一生心に残ります。いつか振り返った時に笑えるような青春をたくさん経験してほしいなと思います。そして、この曲があなたの未来への架け橋になれたら幸いです。

橘柊生さん(DJ/Key)からのメッセージ

沢山思い出を作って、沢山一生懸命になって欲しいです。必ず忘れられない思い出になるので。悔いのないように楽しみましょう!!

泉大智さん(Dr)からのメッセージ

学校という社会の中で生きるのは大変なことも多いかと思いますが、自分の意志を忘れないで、周りに流されず自分らしく自由に生きてください。

西尾 芳彦さん

西尾 芳彦(音楽プロデューサー 作詞・作曲家)

1986年にオーディションをきっかけにメジャーデビュー。一時、音楽業界から離れるが1995年に福岡県へ帰郷。後進の指導をスタートする。
1996年福岡に音楽塾を設立。現在も指導にあたりながら、アーティストの発掘、プロデュースを行う。声そのものに重きを置き、楽器、作詞、作曲、編曲までその卓越した独特の指導法により唯一無二のアーティストを数多く世に送り出してきた。育成~プロデュースを手掛けた主なアーティストはYUI、絢香、家入レオ、Vaundy、Chilli Beans. など。

西尾芳彦さんからのメッセージ

今回、Nコン課題曲中学生の部の制作という大変光栄なお話を頂いた時からどんなメロディが歌いやすくて親しみが湧くのだろうと随分考えました。
ここはこうしたら?とかラストはAメロをもう1回歌った方が印象的で良いのでは?などDISH//のメンバーとアイディアを出し合いながら丁寧に作っていきました。そしてデモ音源が完成に近づくにつれどうしようもなくワクワクした気持ちが溢れてきました。
それは多分僕自身の中にある忘れかけていた青春の一ページが蘇ってきたからだと思います。
誰もが経験したであろう青春の儚さや悩み、
未熟でピュアであるが故のヒリヒリとした感情
などもメロディの中に詰め込んでいるのでそこが伝わると嬉しいです。

田中 達也さん

田中 達也(作曲家)

1983年、東京都生まれ。東京学芸大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。第15回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門(中田喜直賞の部)入選、第19回朝日作曲賞(合唱組曲)佳作。在学中より合唱作品を中心とする作曲活動を行い、主な作品に「声が世界を抱きしめます」「レモンイエローの夏」「わたしの水平線」など。ポピュラー音楽の合唱編曲作品も数多い。
Nコンでは第85回全国コンクール(高等学校の部)において、スペシャルステージの編曲を担当。

田中達也さんからのメッセージ

毎日の暮らしも一日として同じものがないように、生で演奏される音楽もまた、そのときどきで一度きりのものとして聴く人へ届きます。歌詞に記された想い・力強いリズムに彩られたメロディー・言葉をつつむ対旋律など、さまざまな要素が曲を構成するなかで、それをどのような「声」に乗せて伝えたいかを思い描いてみてください。楽譜に書かれている記号も、それを記号のまま自分の中に取り込むだけではなく、快活な表現へ結びつけるためのきっかけとしてうまく使ってもらえればと思います。
この曲がみなさんのそばで何かの手助けになれば嬉しいです。

高等学校の部「無音が聴こえる」
作詞:住野 よる 作曲:松本 望

住野 よるさん

住野 よる(小説家)

高校時代より執筆活動を開始。2015年『君の膵臓をたべたい』でデビュー。同作で2016年「本屋大賞」第2位など、数多くの賞を受賞した。
著書に『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』『か「」く「」し「」ご「」と「』『青くて痛くて脆い』『麦本三歩の好きなもの』『この気持ちもいつか忘れる』などがある。

住野よるさんからのメッセージ

生きていれば、様々な雑音に曝される日々を過ごさなければなりません。
時には、声の大きな主張や、乱暴な意見に傷つけられることだってあるのではないでしょうか。
そんな世界で、歌ってくださる方達の持っているそれぞれの“無音”が無事であるようにと願い、歌詞を書かせていただきました。
合唱ではありますが、是非とも皆さん個人個人の、声になる前の心を大切にして歌ってもらえると嬉しいです。とまあ、そんな真面目な気持ちもありつつ、皆さんが楽しめることを一番に願っています!
歌詞を通して、一緒に遊びましょう♪

松本 望さん

松本 望(ピアニスト・作曲家)

北海道出身。東京藝術大学大学院修士課程作曲専攻修了。パリ国立高等音楽院ピアノ伴奏科首席卒業。在学中より作曲と演奏の両分野で活動を展開し、作曲ではこれまでに自作合唱曲集、編曲集等を多数出版、様々な合唱団に親しまれている。演奏ではアンサンブルを中心に活動し、国内外のアーティストと共演を重ねる。現在、国立音楽大学、洗足学園音楽大学、各非常勤講師。東京藝術大学弦楽科伴奏助手。
Nコン課題曲は第79回中学校の部「fight」編曲、第82回高等学校の部「メイプルシロップ」作曲を手がけた。

松本 望さんからのメッセージ

自分が自分であることをそっと見守ってくれているような、柔らかな暖かさと自由さを詩から感じました。
そんな詩の世界から導き出された、軽い揺らぎのある拍子・テンポ感の中で、刻々と変化する調性や和音の色合いを感じながら、自由に羽を広げて、歌うことを楽しんでもらえたら嬉しいです。
個々が感じることやその表現(他人の考えや言葉によるものではなく)が寄り集まって、その仲間ならではの色、空気、音楽がだんだん形作られていったら素敵ですね。

ページトップへ