第84回 課題曲

Nコン2017課題曲テーマは「夢 ゆめ」

Nコン2016 課題曲情報はこちら

第84回 小学校の部 課題曲

作詞:宮下 奈都さん

作詞:宮下 奈都さん

1967年、福井県生まれ。2004年、3人目の子どもを妊娠中に執筆した『静かな雨』が文芸誌の佳作に選ばれ、37歳のときにデビューを果たす。ふるさとの福井で執筆活動を続けている。
2011年に刊行された『誰かが足りない』で本屋大賞にノミネート。2015年刊行の『羊と鋼の森』では北海道の山あいで育った青年がピアノの音に魅了され、調律師となって成長していく姿を描き、“才能とは何か"を問いかけた。『羊と鋼の森』は第154回直木賞の候補にもなり、注目を集める。惜しくも直木賞受賞は逃したが、2016年の本屋大賞を受賞。
ほかに『スコーレ№4』、『太陽のパスタ、豆のスープ』『神さまたちの遊ぶ庭』など、著書多数。

信長 貴富さん

作曲:信長 貴富さん

1971年生まれ。東京都出身。上智大学文学部教育学科卒業。94・95・99年、朝日作曲賞(合唱曲)。98年、奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門第1位。2000年、現音作曲新人賞入選(室内楽曲)。2001年、日本音楽コンクール作曲部門(室内楽曲)第2位。合唱作品のほかに、歌曲、室内楽、邦楽器のための作品などを手がけ、活躍している。
主な作品に「子どもたちの遺言~童声合唱と管弦楽のためのオラトリオ~」、「The Sower(種を蒔く人)〜マリンバとピアノのために〜」、「Fragments~特攻隊戦死者の手記による~」(独唱または男声合唱)、「リフレイン」「こころに地図をひらいたら」(童声合唱)などがある。
Nコンでは自由曲として数多く作品が歌われている人気作曲家のひとり。
これまで担当した課題曲に71回(平成16年)高校の部「 新しい人 に」、73回(平成18年)中学校の部「虹」(編曲)、75回(平成20年)高校の部「青春譜」がある。小学校の部の作曲は今回が初。

第84回 高等学校の部 課題曲

リリー・フランキーさん

作詞:リリー・フランキーさん

1963年、福岡県生まれ。武蔵野美術大学卒業。イラストやデザインのほか文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多種多彩な分野で活躍している。2005年に初の長編小説『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』の単行本を発売。220万部を超えるベストセラーとなり、映画化もされた。オリジナルの絵本作品『おでんくん』はアニメ化され、幅広い世代から人気を集めた。 俳優としても数々のドラマや映画に出演。2008年に映画『ぐるりのこと。』でブルーリボン賞新人賞を受賞。また、2013年には『そして父になる』で第37回日本アカデミー賞助演男優賞、『凶悪』で同優秀助演男賞ほか多数の映画賞を受賞。作詞・作曲も手がけるなど、音楽活動もしており、総合プロデュースした藤田恵美「花束と猫」が第54回日本レコード大賞において優秀アルバム賞を受賞。BSプレミアムで放送中の音楽番組「The Covers」では司会を務めている。

大島 ミチルさん

作曲:大島 ミチルさん

長崎県長崎市生まれ。国立音楽大学作曲科卒業。在学中から作、編曲家としての活動を始め、映画音楽、CM、ドラマ、アニメなど様々な分野で活躍している。繊細なメロディーと厚みのあるオーケストレーションが特徴。
在学中に交響曲「御誦」を発表し、第52回、第67回毎日映画コンクール音楽賞受賞、 第21回、第24回、第26回、第27回、第29回、第30回、第38回日本アカデミー優秀音楽賞、第31回最優秀音楽賞、他にも2006年「鋼の錬金術師」がアニメーション・オブ・ザ・イヤー音楽賞受賞、2005年マックスファクタービューティー スピリット賞受賞、ジャクソンホール映画祭(アメリカ)ベスト映画作曲賞受賞。ヒラリーハーンの委嘱作品「メモリーズ」の入ったCD「27アンコールピース」は2016年グラミー賞を受賞。フランスと日本にて「For The East」CDも発売中。また吉永小百合さんの原爆詩の朗読の音楽も担当。映画「失楽園」「明日の記憶」「北の零年」「眉山」「ゴジラ対モスラ対メカゴジラ」「海難1890」、他、多数。また、テレビ番組音楽としてNHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」「あすか」、大河ドラマ「天地人」、「ショムニ」「ごくせん」アニメ「鋼の錬金術師」他、多数。
Nコン課題曲では76回(平成21年)高等学校の部の課題曲「あの空へ~青のジャンプ~」の作曲を担当。

第84回 中学校の部 課題曲

秋元 康さん

作詞:秋元 康さん

1958年、東京都生まれ。 高校時代から放送作家として頭角を現し、数々の番組構成を手がける。 83年以降、作詞家として、美空ひばり『川の流れのように』をはじめ、AKB48『恋するフォーチュンクッキー』や『365日の紙飛行機』など、数多くのヒット曲を生む。 2008年日本作詩大賞、12年日本レコード大賞“作詩賞"、13年アニー賞長編アニメ部門“音楽賞"を受賞。TV番組の企画構成、映画の企画・原作、CMやゲームの企画、マンガの原作、新聞・雑誌の連載など、多岐にわたり活躍中。 国民的アイドル「AKB48グループ」と「坂道シリーズ」の総合プロデューサーも務め、殆どの楽曲の作詞を手がけている。16年4月、東京藝術大学客員教授に就任。

動画サムネイル動画サムネイル

秋元 康さんからのメッセージ

僕も中学校のころ合唱曲を歌った記憶があります。そのときに一緒に歌った仲間、同級生、指導してくださった先生、いろんなことを思い出します。歌というのはその瞬間をぱーっと広げてくれる思い出の目次です。みなさんが一所懸命歌ってくださるような、みなさんの記憶に残るような、その1ページになるような歌を作りたいと思います。それぞれの色が混ざり合って、みなさんだけにしか出せないような、そんな色のある歌を作りたいと思っております。お楽しみに。

AKB48さん

歌:AKB48のみなさん

作詞家・秋元康が総合プロデューサーを務め、2005年12月より活動を開始したアイドル・グループ。 コンセプトは「会いに行けるアイドル」。メンバーはすべて全国各地からの応募によるオーディションにより選出され、現在5 つのチーム( チームA、K、B、4、8) と研究生で構成されている。姉妹グループは現在、日本国内では、名古屋にはSKE48・大阪にNMB48・博多にHKT48、そして2015年、新潟にNGT48 が誕生。海外はインドネシア・ジャカルタにJKT48、またあらたに台湾・台北にTPE48、フィリピン・マニラにMNL48、そしてタイ・バンコクにBNK48 が始動することが決まっている。 リリースされる新曲は27作連続ミリオンセラーを達成し続けており、テレビ、ラジオ、雑誌と多方面の媒体にレギュラーを持つなど、劇場公演をベースにしつつ、その活躍の場は多岐に亘っている。NHK紅白歌合戦にも9回の出場を果たす。2015年にはNHK連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」を担当。幅広い世代にAKB48の歌の魅力を伝え、注目を集めている。

動画サムネイル動画サムネイル

AKB48総監督
横山由依さんからのメッセージ

みなさんこんにちは!AKB48の横山由依です。
今回、Nコン課題曲を、私たちAKB48が担当することになりました。本当にうれしいです!私も中学生のときに合唱をやっていて、その時に歌った曲は今でも同級生が集まったときに一緒に歌ったりするほどすごく印象に残っています。来年度のテーマが「夢」、私たちAKB48グループのメンバーもいつも夢をもって毎日、活動をしているので、私たちなりに気持ちを込めて課題曲を歌いたいと思います。

☆作曲・編曲担当者は後日、発表します☆

楽譜・CDはこちら楽曲・CDはこちら

Nコンのあゆみ SINCE1932

ページトップへ