タキシードや白衣などで着飾ったロボットたちがランウェイを歩くファッションショーが東京都内で行われました。ロボットに服が本当に必要?と思うかもしれませんが、ロボットが服を着ることで、人間のパートナーとしての役割を担いやすくなるということなんです。

ヨミ子のニュース 「服を着始めたロボットたち」?

2018年6月20日(水)

AIを使って発話する「ニュースのヨミ子」が、ネットで話題のニュースを紹介する、「ヨミ子のニュース」です。

ヨミ子~!

はーい。

今日はブラウスが「サムライブルー」!

はい。私も日本の勝利を祝っているんですよ。今日のテーマは、こちらです。

「服を着始めたロボットたち」?

そう、ロボットって普通は、こんなふうに服を着ていないですよね。でも、それだと、ちょっとつまんないでしょう。というわけで、昨日、こんなイベントが開かれました。

着飾ったロボットが… ファッションショー

高橋大地記者(ネットワーク報道部)
「東京・渋谷区で開かれたファッションショー。会場に現れたのは、服を着たロボットたちです。」

30社近くの報道陣が集まったイベント。人間型ロボットが、おしゃれに服を着こなして登場しました。
白衣を着ているのは、医療施設などで活躍するロボット。園児を見守るロボットは、スモックを着ています。

このショーは、ロボット専用の服を開発している会社がロボットの服を普及させるために開きました。

「ロボットに個性が出ると思う。自分だけのものになる。」

「(ロボットの)洋服を作ってみようと思った。」

ファッションショーとは初耳ですね。でも、ロボットに服って本当に必要かな?

いやいや、違うんです。ロボットが服を着ることで、人間のパートナーとしての役割を担いやすくなるんです。

ロボットが服 人間との関係が変わる

接客を行うロボットに服を着せた、沖縄県の銀行です。

「かりゆし」を着ていますね。


「クレジットカードが作りたいです。」

ペッパー
「ありがとうございます。」

服を着せたところ、裸の時にくらべて、ロボットに触れる客は2倍以上になったといいます。

ペッパー
「あなたの年齢はずばり、15歳でしょう。」

「あはは、よいしょするんですね。雰囲気はやわらかくなる、(服)着ていたほうが。」

沖縄銀行 大城歩さん
「行員も(ロボットが服を)着ると、やわらかい笑顔が出てくる。そういうところで、チームとして働ける。」

ロボット専門の衣料品メーカーの代表、泉幸典さんです。沖縄の銀行のロボットの服をはじめ、国内およそ100社が、泉さんがデザインするロボット服を導入しています。世界各国からも問い合わせが相次いでいます。

ロボット用の服ならではの工夫が随所にあります。ロボットの大敵、熱がこもらないようにしたり、肩や肘などの関節に生地が巻き込まれないようにしています。

ロボットが、より人間の身近な存在に姿を変えていく。服は、その扉を開く鍵になると泉さんは考えています。

ロボット専門の衣料品メーカー 泉幸典さん
「“ロボットの服っておもしろい”と言われるのは、この1~2年で終わってほしい。ロボットが服を着ていることを当たり前にしたい。」

ロボットが服を着ると、親しみやすくなるのかな。

そうですね。街中のロボットがみんな服を着ている、そうなるのは意外と早いかもしれません。私も、いろんな服を着てみたいな。

Page Top