京王電鉄は、所要時間を短縮した全席指定の列車を、来月(2月)から運行させることになりました。

座れる通勤列車 相次ぐ導入

2018年1月24日(水)

こうした「座って通勤できる列車」の導入が相次いでいます。

鉄道各社の狙いはどこに?

京王電鉄が運行させるのは、新宿駅を起点にして、相模原市の橋本駅に向かう列車と、東京・八王子市の京王八王子駅に向かう下り列車です。

京王電鉄 紅村康社長
「仕事やお出かけからの帰る時、座ってゆっくり帰りたい思いに応えたい。」

運行開始は来月22日からで、利用するには通常の運賃のほかに400円が必要だということです。

全席指定“通勤列車” 京王が運行へ

全席指定の通勤列車、「京王ライナー」と言うんですが、その経路、停車駅を絞ることで特急よりも所要時間が短縮されたんです。新宿から京王八王子までが最速35分。京王多摩センターまで24分で到着する予定。平日は午後8時以降、1時間に1本の間隔で走るそうです。

さらに注目は、その設備。2席のため、座席の幅が広くなっています。コンセントが用意されているほか、無料WiーFi、空気清浄機まで設置されています。

座りながら、ちょっとぜいたく気分で帰宅できるということで、これはニーズがあるかもしれませんね。

“座れる通勤列車”相次ぐ導入

こうした「座ってラクラク通勤できる列車」。実は、去年(2017年)から導入が相次いでいるんです。こんなにあります。

関西にもあるんですね!

気になるのが、どの程度利用されているかですよね。その1つ、去年3月から運行されている「S−TRAIN」を、先ほどのぞいて来ました。

西武鉄道や東京メトロなどが共同運行する「S−TRAIN」。平日は、埼玉県の所沢駅と東京メトロ有楽町線の豊洲駅の間で運行され、通常の運賃にプラス510円で利用できます。

利用者
「ゆったり座れて、1本で所沢まで帰れる。それが利点と言えば利点。毎日使えるなら使いたい。」

西武鉄道によると、木曜と金曜は、特に利用者が多いんだそうです。

利用者
「車内でパソコンも開いて仕事などもできるので、非常に助かる。家に帰って、ゆっくり晩酌でもしたいなと思う。」

この「S−TRAIN」、座って通勤列車を利用したいというお客さんの声に応えて、運行が決まったそうなんですが、評判も上々だそうです。この春から、ほかの路線でも、運行を広げる予定なんだそうです。

車内で仕事をしたり、ゆっくり本も読めたりするなら、時間を有意義に使えそうですね。

それで、鉄道各社が今、相次いで「座れる通勤列車」の導入に踏み切る狙いなんですが、鉄道ジャーナリストの土屋さんによりますと。

「顧客のつなぎ止め」。

人口減少で就業人口も減り、当然通勤客も減る。快適に移動できるなど、サービスを向上させることで顧客をつなぎ止め、収益を確保したい狙いがあるのではないかということなんです。

首都圏を中心とした通勤ラッシュは、先進国で最悪とも言われてきましたからね。働き方改革が進んで、ゆとりが重視されるようになってきているだけに、快適に通勤できる選択肢を増やすのも時代の流れなのかもしれませんね。

Page Top