親愛なる諸君へ

親愛なる推理倶楽部CATSメンバーの諸君へ

しばらくのご無沙汰であった。前回の[四角館の密室]から今日までの間、当ホームページのアンケートや#nk_nzoなどを活用してSSに“次事件”を待望する声を寄せていただいたこと、心から感謝している。時に胸が熱くなるような言葉もあった。中には厳しいご意見もあった。いずれもCATS所属の探偵やスタッフにとってなによりの励みになった。再び言う。感謝している。

さて、やっと諸君に新しい事件を届ける準備が整った。

お待たせした。さあ始めようではないか。

かねてお知らせした通り今回はこれまでのEpisodeとは趣を変える。
これによって諸君の楽しみ方も変わるだろうと思うので、何をどういう理由で変えるのかをお伝えしたい。
初めて接するメンバーにとってもCATSを理解するいい機会だと思う。是非お目通し願いたい。

放送時間

これまでの二夜連続から一夜のみ1時間となった。これには理由がある。
一つはメンバー諸君の忙しい日常を考えてのことだ。見やすい長さと時間帯での放送を期待する声は多く、今回はそれに応える形で変更した。犯罪推理の楽しみ方を心得ている諸君とは言え、二夜連続で1時間半を捻出するのは確かに簡単ではなかろう。一方、そうした負荷を乗り越えて全てを楽しんでくれたメンバーが多くいたこともCATSは忘れない。時間をかけて頭をひねりたいメンバーに向けて、12月18日の夕方以降、随時、事件の情報を提供していく。楽しみにしていて欲しい。
そして、実は諸君からの要望で最も多いのが、より多くの事件を届けて欲しいというものだ。このためにも時間が短い方が現実的だ。
未来のことは誰にもわからないが、強い願いが未来を変えることはままあることだ。諸君のご声援を賜りたい。

推理参加

推理倶楽部CATSは「CATS所属の探偵が届ける事件の情報をもとに、探偵と同じ条件で推理に参加し楽しむ」という秘密組織だ。
これまでのEisodeでは推理に参加する手段はデータ放送のみだったが、諸君の要望に応え今回はインターネット経由でも参加できるよう改修を行った。数枚のカードから「犯人」「証拠品」「動機」などを選択するだけだ。スマホ、タブレットを手元に仲間たちとTittrなどのSNSを使って盛り上がっていただきたい。気軽に参加して欲しい。

もちろんこれまで同様リモコンのdボタンを押すだけで参加できるデータ放送も活用していただきたい。
諸君の謎解き度は100点満点でお使いの端末あるいはモニターに表示される。しかしながら、これまで行っていたような成績優秀者の放送での表示は今回は行わないのでご了承願いたい。