CATS通信

事件が起こってから放送までの間の情報を随時UPします。放送前に見ておくと正しい推理に役立つはずです。

CATS通信 その1

12月18日(日)

真東法律事務所日記

女流作家殺害事件の容疑者弁護の依頼あり。

被害者
人気女流作家、有馬このえ67歳。
容疑者
20歳の独身男性、有馬大和。
このえの養子。2年前より被害者宅に住み込みで書生をしていた。
殺害の状況
被害者は右後頭部を鈍器で殴られ即死。
殺害場所
被害者の書斎。寝室は別にあり普段から施錠はしていなかった。
殺害時刻
死亡推定時刻は18日午前1時45分から2時15分までの30分間。
容疑
容疑者は第一発見者。証拠品あり。

被害者と容疑者は2人暮らしで普段は来客もほとんど無いらしいが、事件当夜は被害者の家族が来ていたらしい。

明日13時に接見。難事件の予感。

灰色の脳細胞がうずくのだ。

次の日記更新は明日夜7時頃。

CATS通信 その2

12月19日(月)

真東法律事務所日記
女流作家殺害事件、捜査資料より抜粋。
  • 被害者は書斎にあった金庫に頭を向け、うつ伏せに倒れていた。
  • 凶器は被害者が受賞した文学賞の記念トロフィー。
    被害者と容疑者以外の指紋は検出されていない。
  • 金庫は暗証番号式。開閉の記録が警備会社に送信される仕組み。
  • 午前1時59分に開けられ2時ちょうどに閉められたという記録。金庫のテンキーには有馬このえの左人差し指の指紋が残っていた。
  • ちなみに暗証番号は8桁で一度でも入力ミスがあるとロックされる。
  • 金庫の中には化粧箱があり、簡単な鍵がかかっていたが、こじ開けられ中身は空。
  • 被害者の言動から、化粧箱の中には時価数千万円の宝石、遺言状、未発表の小説の原稿が入っていたとみて間違いない。今日現在いずれも見つかっていない。
  • 化粧箱は被害者が長年愛用していたもの。被害者以外の指紋は検出されていない。
  • 警察の調べで、化粧箱をこじ開けるのに使ったとみられるドライバーが容疑者の部屋から見つかった。
  • 警察は強盗殺人事件と見て捜査を進めている。
接見の印象
  • 容疑者は殺人、盗難ともに容疑を否認。
  • ドライバーは日中使って広間におき忘れたものであり、自室に持ち帰った覚えはないという。
  • 有馬このえについては「尊敬できる人物であり親同然だと考えている」と力説するが、犯人に心当たりがあるかと聞くと言葉を濁す。
  • 警察によれば、大和はこのえの養子ということになってはいるが怪しい点が多く、調査中とのこと。

キターーーーーーーー難事件!!!テンション上がる!

無実の容疑をかけられたにしては言動に不審な点が多い。誰かに脅されているのか、あるいはなんらかの事故で図らずも殺害することになってしまったのか・・・
明日夜に再度接見を入れた。

この事件るっと解決してやる!

次の更新は、早ければ明日の夜10時くらいかな。

CATS通信 その3

12月20日(火)

真東法律事務所日記

女流作家殺害事件、2度目の容疑者接見。

更新が遅くなったのには理由があります。
接見はほとんど無駄足。大和くんは「全部伝えた」の一点張り。何も話してくれない。
聞き方が悪かったのか、それともやっぱり犯人なのかな?
・・・・・
もやもやしたのでその足でCATSへ寄って、5分前に帰って来た。

それにしても、現場の写真だけであんな答えにたどり着くなんて。
やっぱりCATSのバッジメンバーは憧れる。

よし!明日もう一度、大和くんに会いに行く。

CATS通信 その4

12月21日(水)

Pirincci and my daily life [ピリンチと日々]

昨日、久しぶりに弁護士の真東さんが来た。顔を覚えて欲しそうだったけど仕方がない。
しかし案の上、安芸がくいついてきやがった。
もちろん活躍したのは私だけど。

明日はお休み。UPは明後日の夜7時。

P.S.

このエピ送信することが決まったみたい。24日の夜10時からだって。
イブに仕事が入るのは大歓迎!ファンタジーに付き合わなくてすむ。
昨日の夜の私の活躍もその時にみてもらえる。
その前に「ちょっとした謎」ってやつ、あれ解いとくべき。
24日の放送の時、役にたつ。きっと。

P.P.S.

「25秒番組予告動画でつまってる」って人向けの ヒント 置いとく。
この程度でヒントなんて見ることないと思うけど。

ヒントを見る

CATS通信 その5

12月23日(金)

Pirincci and my daily life [ピリンチと日々]

ちょっとややこしい事件。好物。
殺された有馬このえって作家、結構憎まれっ子だったみたい。動機の線だと絞れない。
絞らないけど。
今わかっている容疑者の情報をあげとく。私の見立てはおまけ。本格の人は気にするな。

明日は現場検証。結果は同じ時間にUP予定。

  • 有馬加奈(30) このえの実の娘 (仲悪い?)
  • 有馬隆司(31) このえの元書生・加奈の夫 (元彼?)
  • 成田俊介(34) このえのおい・作家 (ゴースト?)
  • 千葉伊助(29) 金庫業者 (ムチウチ?)
  • 有馬大和(20) このえの書生 (虐待疑惑?)

CATS通信 その6

12月24日(土)

Pirincci and my daily life [ピリンチと日々]

現場踏んできた。見取り図あげとく。
わかったことは全員別部屋で事件時刻にはみんなぐっすり寝てたってこと。
犯人は嘘ついてるとしても、アリバイで絞り込むのが難しい。
あと今日わかった成果っていえば、化粧箱の中にあった紙類が燃やされたらしいことだけ。
宝石は相変わらず見つかってない。
これじゃ犯人絞れない。なのに先生はやれっていう。

今夜10時。まぁやるだけやってみるか。

CATS通信 その7

12月24日(土)

Pirincci and my daily life [ピリンチと日々]

いい感じの3人で終わったけど、私は全然納得してない。
問題は安芸よりむしろ大和。
書斎で「なるほど」とか言ってるときはかわいげもあった。
けどなに「その事をあの木くずは教えてくれている」って、えらそうに。
さらに許せないのは先生。簡単にバッジあげていいわけ?あんなのに。
寝つけない。

私と同じように寝つけない人は感想やご意見をお願い。次もっと良くするから。
次があればだけど。

詳しくはこちら「ご意見募集
※「ご意見募集」は終了しました。

“次”と言えば私たちが活躍できそうな“事件”とか“不可能状況”を妄想して送ってもらえれば、可能性が高まるかも。

詳しくはこちら「NHKネットクラブへ」
※「ミステリー状況大募集」は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

CATS通信 その8

2月24日(金)

真東法律事務所日記

みなさんお久しぶりです。真東法律事務所の真東です。

最近私、ドイルにはまっておりまして。

え?…あぁそうです。もちろん作家のドイルです、シャーロック・ホームズの。

今年はシャーロック・ホームズが世に出て130年の記念すべき年なんです。
なので7月までに全作読み返しておこうと思ってるんですよ。

細かいことに詳しいなぁって?
当然です。将来、CATSに君臨する予定の私としては、あの生意気な安芸をやり込めるためにも古今東西の名探偵には精通しておかないと。

みなさんにもお勧めします。
7月CATSに何かが起こるかも知れないですから。

* * *

そういえば、前回の事件の後日談があるのでお伝えしましょう。
有馬このえが死ぬ間際に書いていた「母と娘」ですが、どういうわけか娘の加奈のもとに書留で送られていました。 

内容は大和くんの想像通り、娘への愛とざんげの気持ちにあふれたものだったそうです。
今年の夏には出版されることが決まって、隆司さんが映画化に向けて動き出しているそうです。
離婚寸前だった加奈さんと隆司さんですが、お金のにおいがする話で棚上げになっている模様。現金な人たちです。

現金と言えば、金庫の中にあった原稿はなんだったのか?
犯人が中身を確認せずに燃やしたため真相はわかりません。

金庫と言えば、金庫業者の千葉。
資金繰りがつかず、結局廃業。実家の宮城に帰ったらしいです。
当たり馬券はなんと作業着のポケットにありました。しかし洗濯した後…
あとは想像通りです。つくづく運の悪い人ですね。

大和くんは羨ましいことにCATSに住み着いて安芸、日向とやりあっています。持ち前の目力で勝つことも、たまにはあるみたいだね。小さい事件だけどね。