プレミアムメンバー試験

諸君、推理倶楽部CATSへようこそ。まず当倶楽部について説明しておきたいと思う。
当倶楽部には守らなければならない心得がある。

  • 「謎とみれば解かずにいられない性質であること」
  • 「謎を解く喜びを妨害してはならないと考えていること」
  • 「謎は自力で解くのが一番だと考えていること」
  • 「謎解きで世の中を良くしたいと考えていること」
  • 「謎に仲間と協力して挑むのもまた良しと考えていること」

の五つだ。
これさえ守っていただければもうあなたはCATSのメンバーである。今回の放送と放送にまつわる謎の数々を楽しんでいただきたい。

さて、CATSでは高い水準の推理力と思考力を兼ね備えたプレミアムな諸君のために“プレミアムメンバー”という称号を用意している。
プレミアムメンバーになることは、いわばCATSへと通じる秘密の扉を開くための第一歩だ。

そして、そのプレミアムメンバーになるための関門がプレミアムメンバー試験である。
今回はプレミアムメンバー試験もまたシャーロック・ホームズにちなんでいる。
是非、挑んでいただきたい。優秀な諸君ならたやすいはずだ。

あっ!-------という間に解けてしまい、暇を持て余すようなら、是非、過去の事件簿から過去のプレミアムメンバー試験にも挑んでいただきたい。

なお、これまでプレミアムメンバー試験に合格したものだけが投稿できるという仕組みだったが、今回は投稿は自由にできるものとし、合格者は投稿にCATSバッジをつけられるようにした。
この名誉をもって変更を了承していただきたい。

やあ!ぼくは着ぐるみ探偵のカトルワイデ2世だよ。ぼくのことを覚えているかい?
[四角館の密室]では大変な事件に巻き込まれたけど、あの後、クリーニングしてもらって生まれ変わったんだよ。
きのう、ぼくの事務所にレディ・フランシスからファックスが届いたんだ。人探しの依頼なんだけど、ぼくの代わりにお願いしたいんだ。
ぼくはいま担当している別の事件で忙しいからね。
じゃあ、頼んだよ!

レディ・フランシスからこんなFAXが届いたんだ。人探しをして欲しいらしい。

【問題】FAXを見て暗号をといてみよう