このページではJavaScriptを使用しています。

特集 ニッポンの里山 輝き再び 東北 花と水の絶景を行く

今森光彦さん「花の旅」

今森さんが訪ねたのは福島県の花の里山です。田村市では桜の古木を守り、稲作の暦代わりにしてきた農家と再会。原発事故による影響を受けましたが、ずっとサクラの手入れを続け、米作りの暦として大切に育てています。

その他にも、花木栽培農家が70年かけて山全体を花咲く木で埋め尽くした福島市の花見山、行き届いた手入れで杉林守りながら貴重なクマガイソウの花園を広げてきた二本松市の愛好家など、人の営みが育んできた桃源郷を巡ります。

今森さんのコメント:
今回訪れた土地には、いろんな所に笑顔がありました。自然からものを得て、また自然に恩返しする。そういうキャッチボールで森と海をつないでいるのは人の暮らしです。豊かな里山を作るには人の力が欠かせないということをつくづく思いました。

福島 飛田さん花見
福島 飛田さん田植え
石巻 うなぎ漁
石巻 うなぎ漁2
福島 クマガイソウ