ならメシ

自宅で簡単、プロの技! 県内の一流料理人達が、お手軽絶品メニューを伝授します。

新着レシピ
 
「鶏肉の塩焼き・柿とキュウリのマリネ」(2020年9月10日放送)  
料理画像

シェフ

小倉 聡(おぐら さとし) さん

生駒市の中国料理店オーナーシェフ

好きな場所・・・桜井市三輪・明日香村

今回教えてくれた シェフのお店情報
●店名 : 中国菜館 桂花
●住所 : 生駒市真弓南1-10-7
●電話 : 0743-79-0013
材料と作り方
材料(2人分)
大和肉鶏(もも)
150g
1コ
キュウリ
1/2本
ネギ
15g
スダチ
1コ
【A】鶏肉の下味
少々
コショウ
少々
しょうゆ
少々
日本酒
6枚
オレンジジュース(果汁100%)
少々
【B】鶏肉の合わせ調味料
2g
日本酒
大さじ1
大さじ1
黒コショウ
適量
【C】マリネ液の調味料
米酢
大さじ1
オリーブ油
大さじ1
スダチ(しぼり汁 半分に切ったものを使う)
適量
【Ⅾ】その他の調味料
適量
コショウ
適量
サラダ油
適量
紹興酒
適量
手順
  • (1)鶏もも肉の下準備をします。
    包丁でスジを切り、フォークを刺して軟らかくします。
    そして肉をボウルに移し、【A】の調味料を加えます。
    調味料のオレンジジュースは、★果汁の分解酵素で鶏肉を軟らかくするために加え、約1時間ほど寝かせます。
  • (2)その他の材料の下準備をします。
    柿・・・皮をむいてサイコロ状に切ります。
    キュウリ・・・サイコロ上に切ります。
    ネギ・・・みじん切りにします。
    スダチ・・・半分に切ります。(残りはしぼり汁で使用)
  • (3)【B】の調味料を混ぜ合わせ、鶏肉を焼く時の味付けに使う、合わせ調味料を作ります。
  • (4)【C】の調味料を合わせてよく混ぜ、マリネ液を作ります。
    そこに(2)のキュウリとネギ、柿を加えてよく混ぜ、【Ⅾ】の塩、コショウを加えて、マリネの出来上がりです。
    柿とキュウリとネギの組み合わせで、さっぱりとした味わいになります。
  • (5)フライパンを[中火]にかけ、【Ⅾ】のサラダ油をひき、(1)の鶏肉を皮目を下にして焼きます。
    パチパチと音がしたら、焼き色がつき始めた合図ですので、[弱火]にしてふたをし、約6分ほど蒸し焼きにします。
    途中、【Ⅾ】の紹興酒を加えることで、水蒸気で火力が浸透して調理が早くなります。
  • (6)(5)の焼き具合をチェックしていい焼き加減になったら、肉を裏返してキッチンペーパーで余分な油をふきとります。
  • (7)(6)に(3)の合わせ調味料を加えて[強火]にします。
    こうすると、★水分が蒸発して塩分・うまみがコーティングされます。
  • (8)(7)の水分が蒸発したら、[弱火]にして、約2分蒸し焼きにします。
    焼けた鶏肉を一口大にカットして、(4)のマリネを上にたっぷりかけます。
  • (9)(8)の水分が蒸発したら、[弱火]にして、約2分蒸し焼きにします。
    焼けた鶏肉を一口大にカットして、(4)のマリネを上にたっぷりかけ、(2)のスダチを添えて完成です。

※奈良県産の柿は、9月下旬から旬が始まります。

料理のポイント
料理のポイント画像

  • ★果汁で鶏肉を軟らかく★
  • ★塩分・うまみをコーティング★
▲ ページの先頭へ