ならメシ

自宅で簡単、プロの技! 県内の一流料理人達が、お手軽絶品メニューを伝授します。

新着レシピ
 
 「ヤマトポークのトマトソースペンネ」(2020年2月25日放送)  
料理画像

シェフ

森田 篤史(もりた あつし)さん

奈良市のイタリア料理店 オーナーシェフ

日本ならではのイタリアンを提供

今回教えてくれた シェフのお店情報
●店名 : BANCHETTI(バンケッティ)
●住所 : 〒630-8114
      奈良県奈良市芝辻町4-6-14 澤井ビル1F
●電話 : 0742-35-8170
材料と作り方
材料(1人分)

ヤマトポーク(ミンチ)
500g
ペンネ
50g
(3%)+適量
【A】サルシッチャのタネの材料
ニンニク
1片
ローズマリー
1枝
タマゴ
1コ
適量
黒コショウ
適量
【B】パスタソースに入れる野菜
新タマネギ
50g
ニンニク
1片
【C】パスタソースに入れるその他の材料
オリーブ油
30ml
ケッパー
小さじ1
白ワイン
20ml
ホールトマト
200g
ひとつまみ
【D】仕上げの材料
粉チーズ
20g
エクストラバージンオリーブ油
適量
パルミジャーノチーズ
適量
手順
  • ・・・サルシッチャ・・・
    イタリア風のソーセージ
  • (1)【A】の下準備をします。
    ニンニクはつぶしてみじん切りにします。
    ハーブのローズマリーは葉っぱをはぎ取り、みじん切りにします。
  • (2)ミンチ肉を入れたボウルに(1)と【A】の塩、黒コショウ、タマゴを入れ、揉みこむようによく練ってください。
    これで「サルシッチャ」のタネの出来上がり。
  • (3)パスタソースに入れる【B】の下準備をします。
    新タマネギは厚めのスライスにします。
    ニンニクはつぶします。
  • (4)(3)のニンニクをフライパンに入れ、【C】のオリーブ油を投入。
    [中火]にかけます。
    [弱火]にして、油に香りを移します。
  • (5)ニンニクがきつね色になったら、(2)を加え、ニンニクも焦げないように軽くほぐしながら炒めていきます。[中火]
  • (6)ある程度火が入ったら(3)のタマネギを入れ、しんなりしてきたら【C】のケッパーを入れます。
  • (7)(6)に【C】の白ワインを入れます。
    ★この時に、フライパンの底にこびりついているうま味もしっかりとこそげとります。
  • (8)(7)に【C】のホールトマトと塩を加えます。
    ここでソースがひとつになるように、[弱火]から[中火]ぐらいで10分煮込み、仕上げていきます。
    ★煮込むことによってトマトの酸がやわらぎ、うま味が凝縮します。
  • (9)ソースを煮込んでいる間に、ペンネをゆでます。
    塩3%の水で、所定の時間より1分ほど短くゆでてください。
  • (10)(9)を(8)にからめます。
    水分が少なくなってきたら、パスタのゆで汁で濃度を調整します。
    味見をして、塩で味を調整します。
  • (11)【D】の粉チーズをふりかけたら、火を消してください。
    香りづけに、エクストラバージンオリーブオイルをよくあえたらできあがり。
    (お好みで、パルミジャーノチーズを削って飾ってください。)
  • ※サルシッチャのタネはパスタのソースに使うだけでなく、ハンバーグのようにフライパンで焼いてもおいしく召し上がっていただけます。

料理のポイント
料理のポイント画像

  • ★底のうまみをこそげとる★
  • ★煮込むと酸がやわらぎ、うまみが凝縮★
▲ ページの先頭へ