地域の魅力的な人たちの注目の動きなど、奈良の今を、様々な角度からお伝えするコーナーです。体験リポートを交えお伝えします。
これまでのならコレ! 【新田谷 萌】
● 2018年11月7日(水) 放送 ●
ソムリエ一押し!奈良靴下

お問合せ
ロケ場所

株式会社 鈴木靴下
株式会社 キタイ
昌和莫大小株式会社

お問い合わせ

・株式会社 鈴木靴下・・・0745-44-0132
・株式会社 キタイ・・・0745-76-2666
・昌和莫大小株式会社・・・0745-55-0415

2018年10月17日(水)放送した内容
若手を守る!工芸の総合商社
ならコレ!

若くて腕のいい職人がしっかりと生活していける環境を作りたい。その思いから、工芸を総合プロデュースする商社をつくった大和郡山市のガラス工芸職人・堀部伸也(ほりべ・しんや)さんを紹介します。安くて良いものが簡単に手に入る現代。職人の業界は、後継者不足に悩まされる一方で、「食べていけない」と若手が辞めていく現状があります。堀部さん自身も、40歳で独立する際、自身の作品を知ってもらうために大変な苦労があったといいます。その経験を活かし、6年前から若手の作品を展示するイベント「ちんゆいそだてぐさ」を企画。さらに今年3月には工芸の総合商社を設立し、後継者を育成してのれん分け後の流通まで一体的にプロデュースするプロジェクトを始めています。受け継がれてきた職人の技を次世代に残そうと奮闘する堀部さんの活動に、新田谷リポーターが迫りました。

ロケ場所

・工藝舎
・堀部さんの工房(Glass Dept panthalassa)

お問い合わせ

・合同会社 工藝舎
電話:0743-59-1355

2018年9月26日(水)放送した内容
奈良のラーメン事情に迫る
ならコレ!

奈良にうまいものなし、と言うなかれ。奈良に「うまいラーメンあり!」。他県に比べラーメン店の数は少ないものの名店が多く、その味を求めて県外から足を運ぶ人が増えているそうです。奈良のラーメン最新事情をそう語るのは、ラーメンをこよなく愛する男・宇陀市の林岳史(はやし・たけし)さん(27)。19歳の時に食べたつけ麺の味に感動して以来、これまでに食べたラーメンは2000軒、3000杯。24歳の時には、北海道から沖縄まで食べ歩き全国制覇を果たしました。食べたラーメンの情報や味の感想は、ほぼ毎日ブログで発信。ラーメンファンの参考になるよう紹介しているそうです。新田谷リポーターが林さんと奈良のラーメンを食べ歩き!スタミナ系、濃厚とんこつ系に加えて奈良のラーメンの一角を占めている、今注目の「新世代系」ラーメンとは?見たら、きっとあなたも奈良のラーメンが食べたくなる!

ロケ場所

林さんのご自宅
ラーメン屋 みつ葉 the second
アノラーメン製作所

お問い合わせ

特にありません

2018年9月5日(水)放送した内容
2本のロープで世界をつかむ!
ならコレ!

2本のロープを使い、跳んだ回数や表現を競う縄跳び競技「ダブルダッチ」。香芝市に拠点を置くダブルダッチチーム「ブランチ」は7月に行われた世界大会で、世界一に輝きました。メンバーの中心、ジャンパー(跳び手)の荻野陽奈(おぎの・ひな)さん(17)は、小学6年の頃、ダンススクールでダブルダッチに出会い、競技を始めてわずか1年で世界大会で優勝。翌年には総合優勝を果たすなど、輝かしい成績を残しました。その後、高校受験を経て再び練習を再開。大会1年前から練習を重ね、三度目の世界一を勝ち取りました。現在は、自身の技術を磨きつつ、スクールの指導も任されています。多くの子どもたちにダブルダッチの魅力を伝える荻野さんに、新田谷リポーターが密着しました。

ロケ場所

・香芝市総合体育館
・Bran.co.lab

お問い合わせ

Bran.co.lab
0745-44-9994

2018年7月25日(水)放送した内容
外国人のための料理体験塾
ならコレ!

「和食を自分で作って、食べて、日本の食文化の素晴らしさに触れてほしい」。そんな思いから、留学生や外国人観光客に和食の作り方を教えている料理教室が奈良市にあります。開いているのは3人の”おじさまたち”。企画担当の吉田泰之さん(65)が、老化防止のために通っていた料理教室で知り合った同世代の男性を誘い、調理指導や通訳など分担しています。教室で作るのは寿司やてんぷら、だし巻き、そばなど、外国人に大人気のメニューばかり。さらに、日本ならではの調味料や、奈良県特産の食材も紹介します。留学生のほとんどがふだん和食を自分で作って食べていない、という声もあり、吉田さんは「料理教室を通じて奈良のファンになってもらい、また奈良に帰ってきてほしい」と話します。教室に新田谷リポーターが密着し、和食を学ぶ留学生たちの様子や吉田さんの思いをお伝えしました。

ロケ場所

・王さんの自宅
・餅飯殿センター街
・フレッシュマート OKest 餅飯殿店

お問い合わせ

奈良食文化体験塾
※詳しくは「奈良食文化体験塾」のホームページをご覧ください。

2018年7月4日(水)放送した内容
奈良に伝わる妖怪の謎に迫る
ならコレ!

人間の理解を超える不可思議な力を持つものとして日本に伝承されてきた「妖怪」。そんな妖怪に魅せられ、奈良を拠点に活動する妖怪文化研究家の木下昌美さん(30)を紹介します。小学生の頃、水木しげるさんの自伝を読んで妖怪に興味を持った木下さん。学生時代は「鬼」を研究するなど妖怪への思いは冷めることなく、新聞記者を経て、現在、奈良に伝わる妖怪を紹介する電子新聞「奈良妖怪新聞」のライターとして活動しています。妖怪は本当にいるのか?ということよりも、妖怪の伝承を通じて見える昔の人々の暮らしや風習、文化を伝えていきたいと語る木下さん。最新号の制作が佳境を迎えている現場に、新田谷リポーターが密着。木下さんの思いに迫りました。

ロケ場所

奈良県立図書情報館
郡山城跡
三室山

2018年6月13日(水)放送した内容
奈良の“ベンサン”を世界へ!
ならコレ!

学校や病院のトイレなどでよく見かける「便所サンダル」、通称・ベンサン。機能に優れ、履き心地の良いこのサンダルにファッションアイテムとしての可能性を見いだし、新たにブランドを立ち上げた藤澤豊生さん(30)を紹介しました。東京でスポーツブランドのデザイナーとして活躍していた藤澤さんは、おととし、妻の出身地の奈良に移住。ベンサンが奈良で多く生産されていることを知り、老舗サンダルメーカーとタッグを組んで、「おしゃれに履く」ベンサンの販売を開始。トイレのサンダルというイメージを一新し、全国そして世界へ発信しようという藤澤さんの活動に、新田谷リポーターが迫りました。

ロケ場所

株式会社ニシベケミカル
株式会社リアルスタイル
FREEDOM FROM COMMONSENSE.

お問い合わせ

株式会社リアルスタイル 0745-52-2544

2018年5月23日(水)放送した内容
“葛和紙”で繊維産業を元気に!
ならコレ!

奈良の特産品「葛」を使った、新しい繊維「葛和紙」。食用の葛を作る過程で残る繊維を和紙に漉きこみ、それを綿やウールの糸に絡めて作られます。麻のようなシャリシャリとした手触りが特長です。開発したのは、大和高田市で服飾会社を営む福田保夫さん(71)。子供服の製作を手掛けるなか、商品が安価で取引される実情と苦労から「自分で商品に値段をつけたい」とオーガニックコットン製品づくりを開始、その経験を生かし、繊維会社と協力し葛和紙の糸を作り出しました。自ら衣服やハンカチ、ストールなどのデザインを手がけ、今月初めて店頭での販売を開始します。奈良発の新たな繊維「葛和紙」の魅力を広めようと活動する福田さんを新田谷リポーターが追いました。

ロケ場所

パドック株式会社
イオンモール高の原

お問い合わせ

パドック株式会社 0745-23-1828

2018年4月25日(水)放送した内容
地元おすすめ!奈良の旅
ならコレ!

今、「仏師と行く!美仏めぐり」や「妖怪文化研究家と巡る河合町の奇祭」など、ガイドブックに載らないディープな奈良観光が話題となっています。企画をするのは桜井市の印刷会社。20年以上にわたって発行しているフリーペーパーで紹介した場所に実際にお客さんを連れていきたいという想いから旅行会社を作り、ユニークなツアーを提案しています。ツアーを企画している岡下浩二さん(30)は、奈良市出身。東京で働いていた時に博物館で奈良の仏像を見て、ふるさとの魅力に気づいたことをきっかけに観光客はもちろん県内の人も楽しめるツアーの企画を始めたといいます。最近では参加者の半分が県内の人だという岡下さんのツアー。奈良の魅力を再発見してほしいと様々な企画を生み出す岡下さんの活動を新田谷リポーターが追いました。

ロケ場所

共栄印刷株式会社
文殊房
長谷寺
新薬師寺
融念寺

お問い合わせ

共栄印刷株式会社 0744-45-3112

2018年4月4日(水)放送した内容
「3つ子育児に理解を!」育児漫画に込める思い
ならコレ!

今、生駒市に住むママが描いた漫画がインターネット上で話題となっています。作者の糸瀬みどりさん(34)は6歳の3つ子のお母さん。出産前ウェブ制作会社でイラストやデザインを担当していた経験を活かし、自身の育児の経験をもとに描いた漫画をSNSに掲載してきました。すると妊娠・出産・育児の情報サイト担当者の目に留まり、今年2月から連載がスタート。笑いあり、涙ありの糸瀬さんの漫画は、日々育児に向き合うママの共感を生み、多くの反響があったといいます。同時に、双子や3つ子といった「多胎育児」への理解を広めていきたいという糸瀬さん。子育てに奮闘する糸瀬さんに新田谷リポーターが密着、漫画制作に込める思いに迫りました。

ロケ場所

糸瀬さんの自宅
花園中央公園

HP情報

妊娠・出産・子育てのお役立ち情報サイト「たまひよ」
のホームページをご確認ください。

▲ ページの先頭へ