古都コトクッキング
放送予定:12月18日(月) 放送 ~中村 耕平シェフのレシピ~
12月12日(火) 放送:


【1】ジャガイモ(男爵いも)ゆでる [中火] 1時間

ニョッキを作ります。ジャガイモを皮つきのままで1時間ほど茹でます。

【POINT!】皮つきでゆでると 余分な水分が含まれない

皮をむかずに茹でるのは、余分な水分が含まれないようにするためです。

★電子レンジが早い(6分程)

時間がかかるので、電子レンジをつかってもOK

【2】竹串がスーッと通ればOK

竹串がスーッと通るぐらいまで火を通します。

【3】熱いうちに皮をむく

ジャガイモが茹で上がったら、熱いうちに皮をむいてください。

【4】マッシャーでつぶす

マッシャーで細かくつぶしてください。

【5】泡立て器でも きれいにつぶれる

マッシャーがなければ、泡立て器でもきれいにつぶれます。

【6】卵黄2コ 粉チーズ15g

ジャガイモがつぶれたら、卵黄、粉チーズを入れて、混ぜて下さい。

【POINT!】切るように混ぜる

練ってしまうと、粘りが出るので切るように混ぜます。

【7】強力粉 50g

さらに、強力粉を加えて、混ぜてください。

【8】塩 適量

最後に、塩で味を整えます。これで、ニョッキの生地の出来上がり。

【9】打ち粉(強力粉50g)

バットとまな板に強力粉で打ち粉をします。

【10】生地を棒状に

生地を棒状に伸ばします。

【11】一口大にカット

それを、一口大にカットしてください。

【12】ニョッキは冷凍

ニョッキ同士が、つかないように、すぐに冷凍庫に入れます。

【13】白いんげん豆(水煮 缶詰)

ズッパを作ります。水煮の缶詰は、中のお水ごと使います。

【14】ニンニク(小粒) 乾燥ローズマリー

ニンニクと乾燥ローズマリーを加えます。ニンニクは、先端の芽をとってください。

【15】[中火] 10分

10分間、火にかけます。

【16】ミキサーで回す

ローズマリーだけ取り出し、ミキサーに入れて回します。

【17】[弱火]

鍋に戻し入れ、弱火で温めたら、ズッパの出来上がり。

【18】[中火] ニョッキをゆでる

最後に、別の鍋で、冷凍しておいたニョッキを茹でます。

【19】浮いてきたらOK

ニョッキは茹で上がると、浮いてきます。

★盛り付けていきます

まず、白いんげん豆のズッパ、そこにじゃがいものニョッキを入れます。

【20】(お好みで)粉チーズ エキストラバージンオリーブ油

お好みで、粉チーズ、エキストラバージンオリーブオイルをかけます。

できあがり

イタリアの冬の家庭料理、あたたかいニョッキとズッパ。ほっこりした素朴な味わいをお楽しみください。

これまで紹介したレシピはこちらをクリック!
▲ ページの先頭へ