ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK奈良放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです

ここからNHK奈良放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
注目ニュース

注目ニュース

◇ 2020年9月15日(火)放送 ◇
正倉院展 ことしは59件の宝物



毎年秋に奈良市の奈良国立博物館で開かれる「正倉院展」に、ことしは59件の宝物が出展されることになりました。

奈良国立博物館は、72回目となることしの「正倉院展」について、初出展の4件を含む59件の宝物を出展することを発表しました。
このうち「平螺鈿背円鏡(へいらでん はいの えんきょう)」は、直径およそ40センチの鏡です。
鏡のつまみを取り囲むように、花や獅子、それにサイなどが鮮やかに光る貝を使った螺鈿の技法で施され、文様の間には、青や緑に輝くトルコ石がちりばめられています。
また、長さおよそ30センチの小刀はつかがサイの角でできていて、さやには青色のガラス玉と赤色の水晶が交互に飾りつけられています。
ことしの「正倉院展」は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために当日券の販売はなく、入場の日時が指定された前売券をあらかじめ購入する必要があります。
前売券の販売は、今月26日の午前10時から、インターネットのチケット販売サイトなどで始まります。
「第72回正倉院展」は、来月24日から11月9日まで、奈良国立博物館で開かれます。

09月15日 17時41分



読み上げブラウザ用メニューに戻ります
↑ ページの先頭へ