2020年1月15日(水)のニュース
大神神社で「大とんど」


正月に飾ったしめ縄などの縁起物を集めて燃やす「大とんど」が、桜井市の大神神社で行われました。

大神神社の「大とんど」は、正月に飾った縁起物などを焼き上げる伝統行事で、毎年1月15日に行われます。
15日は朝から大勢の参拝者がしめ縄やお札などを持って訪れ、プラスチックの飾りなどを取り外してから火の中に入れました。
訪れた人たちは、立ち上る炎に手を合わせたり、煙を手であおいで体に浴びたりしていました。
「大とんど」の火で焼いた餅を食べると、1年を無事に過ごせるとされていて、訪れた人は持参した餅やその場で買った餅を竹ざおの先につけた網にのせ、火であぶったあとおいしそうに食べていました。
地元の80代の男性は、「毎年餅を焼きに来ています。無病息災で1年暮らせるようにと願いながら食べました」と話していました。

01月15日 14時17分

一覧ページにもどる

▲ ページの先頭へ