皆様と共に八十年

  • 倭(やまと)は国のまほろば
  • この素晴らしい場所・奈良の「ドキドキ」を
  • これからも伝え続けます。

80th

まほろばドキドキ伝えたい

NARA 39 SPOT 奈良県39市町村スポット

わたしのたからもの
県内39の市町村をめぐって
宝物をさがします。

おひさしぶりです!ナラウンサー

今まで奈良放送局に在籍していたアナウンサーのインタビューをお届け!

局長あいさつ

平成29年4月1日
NHK奈良放送局
局長 村田直樹

昭和12年9月16日、奈良市光明院町に「大阪中央放送局奈良出張所」が開設されました。記録によるとラジオ一台と事務机だけが並ぶ小さな出張所だったそうですが、奈良の地に放送の息吹きが芽生えた記念すべき日となった、とあります。以来、昭和27年には興福寺境内に、そして46年には現放送会館のある鍋屋町へと移転をしながら今年で開局80年の節目を迎えることとなりました。県民のみなさま、視聴者のみなさまに支えられながら公共放送としての役割を努めさせていただけていることに深く感謝したいと思います。

奈良放送局では、今年、開局80年を記念して「まほろば ドキドキ 伝えたい!」をキャッチコピーに、番組やイベント、ホームページで多彩な取り組みを展開します。県内各所の魅力や話題をよりていねいに掘り起こす企画や80年の歴史を振り返る企画、公開番組や会館公開などの参加型イベントの充実、ホームページ・特設サイトでの新企画開設などなどです。どうぞ番組やホームページをご覧になったり、イベントに参加したりしてみてください。

放送の世界は昭和12年当時のラジオの時代から、白黒テレビ、カラーテレビ、衛星放送、デジタル化によるハイビジョン放送と進化を続け、そして2020年の東京オリンピックの時にはスーパーハイビジョンの時代を迎えようとしています。放送技術の日進月歩の進歩の中においても、奈良放送局は古都・奈良にある放送局として、奈良の各地に連綿とつづく歴史や文化、人びとの営みの取材、記録に努めるとともに、地域の活性化につながるさまざまな動きを取り上げ、奈良の魅力の発信に注力してまいります。

80年から100年、そして未来へと、これからも奈良の皆さまとともに歩む奈良放送局であり続けたいと考えています。今後ともどうぞNHK奈良放送局へのご支援、ご協力、ご意見をよろしくお願いいたします。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。