2017年04月27日 (木)

桜は食べるもの?

20170427.jpg

興福寺の境内で鹿が後ろ脚だけで立ち上がり、桜の花を食べている

ところに出くわしました。桜の花は見て楽しむものだと思っていま

したが鹿にはごちそうなのですね。この日は一日中雨でしたので

観光客も少なくて鹿せんべいも十分にもらえず、しかたなく満開の

桜に手を(口を)出したのかもしれません。

 

一緒にいるメスはこのような行動はしません。このオスは何回も立ち

上がり桜を食べていました。体の大きなオスだけが身につけた習性な

のかもしれません。

 

因みにこの日(4月26日)は奈良国立博物館に「快慶展」を見に行く途中でした。

晴れていたらもっとクリアに撮れたのですが残念です。

(小林 眞さん)

 

投稿時間:13時05分 | カテゴリ:ならシカ

2017年03月23日 (木)

ただいま協力中

20170320.jpg

このネックレス。。。じゃない、GPSっていうらしい。 

私たちの行動範囲を調べるのですって。

いつまで着けるのかなぁ。

早く終わりますよ~に!

(totteさん)

投稿時間:17時23分 | カテゴリ:ならシカ

2017年03月17日 (金)

おい、まだか?

20170317.jpg

3月11日、飛火野でのひとこま。

 

観光の目玉になりつつある「鹿寄せ」。

奈良に住む者として、一度は観ておかねば……、と奈良公園にやってきました。

「鹿寄せ」開始は10時とのことですが、30分も前から大勢の観光客と、これまた

大勢の鹿さんが。

鹿さんのお目当ては、たぶん「鹿寄せ」でまかれるドングリかと。

観光客にすれば、ホルンの合図で森の中から走ってきてほしい、と思うのですが、

鹿さんにすれば、そんなこと知ったことじゃない。そりゃ、そうです。

 

カメラを向けると、一頭の鹿さんが寄ってきました。

鹿さんの表情から察するに、

「おい、『鹿寄せ』は、まだかいな。待ちくたびれたわ」

と言っているようでした。

 

そうそう、10時からのホントの「鹿寄せ」では、ホルンの音色につられて走ってく

る鹿さんも、大勢いました。

 

(あやちゃんのじいじ)

投稿時間:15時43分 | カテゴリ:ならシカ

2017年03月14日 (火)

俺の記憶が確かならば、生(せい)は饗宴だ。

0314-2.jpg

春夏秋冬闘いを止めない烈しい気性。そうして喧嘩していない時は、いつも笑っています。

やや小柄ですが喧嘩に天性の才能があり、大鹿にもあっさり勝ちます。

凱歌を挙げる彼に、「生の豪奢な濫費?もっとけちけちしてもいいとは思わない?」

と問うと、「これが俺だよ。」とでも言うように、額から血を流しながら黙って笑ってる。

その笑いは実に輝かしかったのです。   

闘いに赴く姿態には息を呑む迫力と美が湛えられていて、彼に心酔する若鹿の多いこと!

夏ともなればまるで火焔の冠を戴くような、ひときわすぐれた角を担う華々しい牡鹿。

(ラ・ラさん)

投稿時間:13時26分 | カテゴリ:ならシカ

2017年03月14日 (火)

鹿、カメラ目線

0314-1.jpg

お水取りを見に行く前に春日大社の参道を歩いていると、一頭の鹿が。カメラを向けると、まるでカメラを意識しているかのようにこちらを見てくれていました。思わずパシャリ!!鹿くんよ、ありがとう。

(川本晃洋さん)

投稿時間:13時12分 | カテゴリ:ならシカ

奈良局トップページ

NHK奈良放送局では、視聴者の皆さんより鹿の写真を募集しています。また、鹿関連のイベントの紹介や、最新ニュースをお届けします。

ページの一番上へ