紀行

2017.10.01 放送

静岡県浜松市

お気に入りに追加

静岡県浜松市。のちに天下人となる徳川家康が最も長い年月を過ごした地です。
市の中心部にある引間(ひくま)城跡。三河から遠江へと、勢力を広げていった家康は、永禄11年、今川氏の拠点であったこの城を制圧。その後、家康は新たに浜松城を築城しました。近隣ではその比を見ないほど、大規模で堅固な城だったといいます。自然石を積み上げた石垣は、400年経った今も、この城を支えています。

天下を制した家康の後に続くように、浜松城を守る歴代の大名は何人も出世を遂げていきました。そのため、この城は『出世城』として意識されるようになります。若き日の家康とともに発展していった町、浜松。この地を足掛かりに、家康は戦国大名として飛躍していくのです。

浜松城公園- 静岡県浜松市 -

アクセス
JR「浜松」からバス「浜松城公園入口」下車 徒歩5分

もどる