紀行

2017.09.24 放送

山梨県甲州市

お気に入りに追加

山梨県甲州市。この町に、武田信玄が生前に菩提寺として定めた寺があります。元亀(げんき)4年、信玄は遠征の途上で病没しました。信玄の葬儀が恵林寺(えりんじ)で執り行われたのは、その3年後。信玄は、領内の混乱を避けるため、3年間、死を公にしないよう家臣らに命じていたのです。
恵林寺に鎮座する武田不動尊。信玄の姿を模して彫らせたものといわれています。信玄自らが刷毛を手にし、像の胸の部分に毛髪を塗りこめたと伝わっています。

風林火山の旗印を掲げ、疾風の如く戦国を駆けた信玄の魂は、主君を慕った多くの家臣たちと共にこの地に眠っています。並み居る戦国武将たちに恐れられた、猛将・武田信玄。病魔との戦いに敗れ、波乱の生涯に幕をおろしたのです。

恵林寺- 山梨県甲州市 -

アクセス
JR「塩山」からバス「恵林寺」下車 すぐ

もどる