紀行

2017.05.14 放送

山梨県甲府市

お気に入りに追加

山梨県甲府市、武田信玄が治めた地です。武田家と今川家は、姻戚関係によって同盟を結び、力の均衡を保っていました。信玄は、嫡男・義信の妻に今川氏真の妹を迎えることで今川家との関わりを確かなものにしていきます。信玄が暮らした武田氏館跡。信玄をまつる武田神社が建っています。また、曲輪(くるわ)跡や石垣などの遺構が当時の館の規模を今に伝えています。桶狭間の戦いの後、政策を巡り、信玄と義信は、次第に対立。義信は、この東光寺に幽閉され、およそ2年、政治の表舞台から退けられました。

今川との同盟を破り、三河・遠江に触手を伸ばした武田信玄。このことが、井伊谷に大きな影響を及ぼすことになるのです。

東光寺- 山梨県甲府市 -

アクセス
JR「甲府」からバス「甲府市立図書館入口」下車 徒歩10分

もどる