あらすじ

本能寺が変

第49回 本能寺が変 2017.12.10放送

お気に入りに追加

信長(市川海老蔵)による家康暗殺計画を知った万千代(菅田将暉)は直虎(柴咲コウ)に会い、明智光秀(光石研)の謀反が成功した折には家康(阿部サダヲ)を三河へ逃がす手助けをして欲しいと願い出る。この求めに応じた直虎は逃亡ルートとして堺からの海路を選択するが、その地で龍雲丸(柳楽優弥)や与太夫(本田博太郎)と久々の再会を果たす。その頃、家康は安土城で信長の歓待を受けていた。しかし、秀吉より援軍を求める使者が来たため、饗応役の光秀が出兵することに。ひそかに信長を葬り去る策を巡らしていたことを知る家康らは突然の計画変更に驚く。堺にとう留していた家康の元に茶会の支度が調ったと信長の使者が訪れる。京に向かう徳川一行だが、直虎の機転で無事に三河に帰還を果たす。

第49回の“KEY”!第49回の“KEY”!

KEYパーソン

織田信長

饗応の返礼にと家康をはじめ、徳川家の重臣たちを安土城へ招いた信長。一行を歓待するが、果たしてその真意とは…?一方、その裏では光秀の陰謀が動き出す。しかし、饗応役の光秀に思わぬ横やりが!!果たして光秀は計画を実行に移すことができるのか。

KEYパーソン

龍雲丸

初めて堺を訪れた直虎一行の前に姿を見せる龍雲丸。涙の別れを経て久しぶりに再会した直虎と龍雲丸はどんな会話を交わすのか。新天地である堺で歩んできた龍雲丸の変化にも注目したい。

フォトギャラリーフォトギャラリー

明智光秀の謀反
徳川一行を三河へ戻すべく、堺へ
かしら、再び!

もどる