あらすじ

復活の火

第32回 復活の火 2017.08.13放送

お気に入りに追加

信玄(松平健)と家康(阿部サダヲ)による今川攻めが避けられない状況になる中、政次(高橋一生)は虎松(寺田心)の偽首を差し出すことで氏真(尾上松也)の信頼を得ることに成功する。政次と裏で手を結ぶ直虎(柴咲コウ)は家康に書状を送り、徳川の遠江侵攻に協力する代わりに井伊家を復活し家臣の列に加えてほしいと願い出る。そんな中、ついに武田による駿河侵攻が始まる。その破竹の勢いに今川国衆の寝返りが相次ぎ、氏真は絶体絶命の危機を迎える。政次は戦を前にし、なつ(山口紗弥加)と夫婦になる約束をする。一方、井伊谷三人衆は軍を進めつつある家康に味方することを決め、領地安堵の起請文を交わす。徳川軍が井伊谷城に近づき、政次は城を明け渡して徳川方につくことを宣言。門前では直虎が取次をするべく待ち構えていた。しかし、突然弓矢が徳川軍に襲いかかった。

第32回の“KEY”!第32回の“KEY”!

KEYポイント

徳川家家臣団

駿府へ攻め入る準備を進める武田。家康もまた側近である酒井忠次(みのすけ)、石川数正(中村織央)、本多忠勝(髙嶋政宏)らと軍議を開いていた。家康家臣団は、いずれも世に名をはせた武将ばかり。なかでも強者として知られ、徳川四天王にも数えられる本多忠勝は今回が初登場。髙嶋さん演じる存在感たっぷりの忠勝に注目!

KEYパーソン

井伊谷三人衆

今川家から井伊の目付に任じられた鈴木重時(菅原大吉)、近藤康用(橋本じゅん)、菅沼忠久(阪田マサノブ)。後に井伊谷三人衆と呼ばれることになる彼らは、その役目に従い井伊家の動向に目を光らせてきた。武田が今川に襲いかかろうとしている時局を彼らはどう読み、どう動くのか、井伊家の命運を左右するその動向から目が離せない。

フォトギャラリーフォトギャラリー

井伊家再興をかけて
井伊を蘇らせたならば
直虎の祈り、政次の覚悟

もどる