あらすじ

罪と罰

第19回 罪と罰 2017.05.14放送

お気に入りに追加

近隣の領主である近藤康用(橋本じゅん)が直虎(柴咲コウ)のもとを訪れ、領内の山の木々を井伊の者に盗まれたと訴え出る。直虎は近藤の者の仕業ではないかと言い返し、二人は疑いを晴らすため、ともに盗伐のあった現場に向かう。荒らされた現場を検証していく直虎たちは、近藤領内だけでなく井伊領内の木々も盗まれてしまっていることに気づく。見張りをつけて山狩りをする両家はついに犯人を捕らえる。しかしそれは以前、直虎に人集めの知恵を授けた旅の男(柳楽優弥)だった。男の処分を井伊家で行うことになり、直之(矢本悠馬)と政次(高橋一生)は打ち首を主張。しかし、男を殺したくない直虎は労役をさせてはどうかと言う。直虎と政次は、男の処分を巡って意見を対立させるが、男が牢から脱走してしまう。そんななか、井伊に亡き直親(三浦春馬)の娘と名乗る者(髙橋ひかる)が訪ねてくる。

第19回の“KEY”!第19回の“KEY”!

KEYポイント

甲相駿三国同盟

氏真(尾上松也)の妹が嫁いでいた武田義信が、父・信玄によって謀反の罪で幽閉されたという報せを受け、今川家に激震が走った。これによって「甲相駿三国同盟」の一端を担う武田とのつながりが弱まり、同盟に陰りが見えはじめる。義元(春風亭昇太)亡き後、衰退の一途をたどりつつあった今川家はさらに危機感を強めることに。

KEYパーソン

旅の男

山の木を伐採し盗んだ罪で捕らえられたのは、かつて人手を求めていた直虎に人集めのヒントを与えた旅の男(柳楽優弥)だった。虎松(寺田心)が寺に来なくなった際にも、直虎に知恵を授けたこの男は一体何者なのか?盗賊一味とはいえ、どこか憎めない男と直虎の不思議な縁に注目したい!

フォトギャラリーフォトギャラリー

盗人は、あの男!
打ち首か、それとも
刻々と変わっていく状況

もどる