あらすじ

あるいは裏切りという名の鶴

第18回 あるいは裏切りという名の鶴 2017.05.07放送

お気に入りに追加

直虎(柴咲コウ)が秘かに作らせていた「種子島」を奪った政次(高橋一生)は、今川への謀反の疑いを直虎にかけ、虎松(寺田心)の後見を降りるようせまる。観念した直虎は後見を譲ることを約束し、政次とともに駿府へ向かう。しかし方久(ムロツヨシ)は駿府の今川館へ先回りし、今川氏真(尾上松也)に「種子島」を売りつけることに成功。井伊が「種子島」を製造しようとしたのは謀反のためではなく今川に買ってもらうためだった、という理屈で直虎の窮地を救う。上機嫌の氏真の元に、縁戚である武田家の嫡男・義信が謀反の罪で幽閉されたという知らせが届く。
そんななか直虎は、当主としての心得が記された書物を南渓和尚(小林薫)から手渡される。書物に書かれていた「敵を欺くには、まず味方から」という一文を読んだ直虎は、ひとり矢面に立って井伊を守ろうとしてきた政次の真意に気づく。直虎は政次を訪ね、敵も味方も欺くことで守る兵法があることを知ったと話す。そして、政次なら井伊をどう守っていくのか問うのだった。さらに直虎は「井伊を守ることは己で決めたことだと」告げる。政次はすべてを見透かされたことに気づき、自分なら戦わない道を選ぶと直虎に言う。

第18回の“KEY”!第18回の“KEY”!

KEYポイント

商人の知恵に救われる?!

密かに井平(いだいら)で「種子島」を作らせていたことを謀反だとする政次は、直虎に駿府の氏真のところで説明するよう求める。ついに、後見交代か…。駿府に向かう直虎、ところが目の前に銭の犬・方久が現れる。果たして方久が駿府に来た理由とは?

KEYパーソン

直虎と小野但馬守政次

「当主を継ぐような者なら皆学んでおる」と、南渓和尚から書物を渡された直虎。読めば政次の手がわかるかもしれないと思う直虎だが、そこから見えてきたものは…。

フォトギャラリーフォトギャラリー

直虎が気づいた、政次の本意
方久の機転!そして、寿桂尼が…
領主の責任と自覚

もどる