あらすじ

綿毛の案

第16回 綿毛の案 2017.04.23放送

お気に入りに追加

駿府から無事帰還した直虎(柴咲コウ)。瀬戸方久(ムロツヨシ)は井伊家の財政を立て直すための新たな産業として「木綿」作りを持ちかけ、綿の実の栽培を勧める。乗り気になった直虎は瀬戸村の百姓・甚兵衛(山本學)に相談するが、井伊領内は深刻な人手不足であり、木綿作りを担う人材がいないことがわかる。人手を探して村々をまわる直虎だったが、ある日水浴びをする若い男(柳楽優弥)と運命的な出会いを果たす。男から「人は銭で調達できる」ことを聞いた直虎は、調達できる場所の情報を得ようと方久らと茶屋に出かけるが、そこにふいに政次(高橋一生)が現れ「噂を流せばよい」と言い残し去っていく。直之(矢本悠馬)の機転により「井伊ではタダで土地がもらえるらしい」「それはまことの話か?」と芝居を打つ直虎一行。噂は功を奏し、見事銭を使うこともなく人が井伊谷に集まる。

第16回の“KEY”!第16回の“KEY”!

KEYポイント

人材確保!

耕し手のいない荒地を再び耕せるようにした者には、その土地を与え、実りが出て三年は年貢をとらない。そんな「三年荒野」の策を立てた方久から、さらに井伊の財政を安定させる “綿の実”の栽培を持ちかけられる直虎。しかし“人手不足”という難題が立ちはだかる、解決策を求めてまたもや自ら行動に移るが…。

KEYパーソン

直之と六左衛門

直虎が城主になることを反対していた家臣、直之と六左衛門(田中美央)。武道に優れた気の短い直之に対し、情にもろく気が長い六左衛門と対照的な2人。殿としては明らかに型破りな直虎に呆れる直之、振り回される六左衛門。二人の“ツッコミ”と“ぼけ”ぶりもぜひお楽しみに!

フォトギャラリーフォトギャラリー

謎の男、現る!!
「綿」で商いを!
直虎の奮闘。一方、新たな火種が…

もどる