あらすじ

おんな城主 対 おんな大名

第15回 おんな城主 対 おんな大名 2017.04.16放送

お気に入りに追加

直虎(柴咲コウ)が今川の下知に背いて徳政令をはねのけたことに怒った寿桂尼(浅丘ルリ子)は、政次(高橋一生)を呼びつけ、直虎に駿府へ申し開きにくるよう命じる。以前同じように駿府へ呼び出され、道中で惨殺された直親(三浦春馬)の記憶がよみがえる家臣一同。政次は直虎に虎松(寺田心)の後見を降りるよう勧めるが、直虎はそれを拒み駿府へ向かうことを決意する。途中、命を狙われた直虎だが、家臣・直之(矢本悠馬)と入れ替わる策により、無事駿府に到着し寿桂尼と対峙する。命に背いたことで追い詰められる直虎だが、そこへ徳政令を願い出た甚兵衛ら百姓たちからの「直虎の後見を望む署名状」が届く。寿桂尼は、直虎を後見とすることを認める。

第15回の“KEY”!第15回の“KEY”!

KEYパーソン

傑山と昊天

今川の下知に背いたとし、駿府に呼び出された直虎の護衛に選ばれたのが龍潭寺の僧侶たち。直虎を幼いころから見守ってきた傑山(市原隼人)と昊天(小松和重)も同行する。常に周囲を見張る武術の達人傑山、母のように直虎の恐怖心に寄り添う昊天。直虎を知る2人だからこその護衛に注目。

KEYポイント

寿桂尼VS直虎

今川から呼び出され駿府に向かう直虎。惣領の娘や次郎法師としてではなく、おんな城主・直虎として寿桂尼と対峙する。「おんな大名」の異名を持ち、国を治めるための法令集「かな目録」をも作った寿桂尼に、新米城主・直虎はどんな策を見せるのか…。お見逃しなく!

フォトギャラリーフォトギャラリー

駿府からの呼び出し
直虎、危機一髪!
寿桂尼と直接対決!

もどる