あらすじ

さらば愛しき人よ

第11回 さらば愛しき人よ 2017.03.19放送

お気に入りに追加

瀬名(菜々緒)を救おうと取りすがる次郎法師(柴咲コウ)の元に、松平元康(阿部サダヲ)からの使者が到着。人質の交換が行われる。桶狭間での大敗以降、衰退の一途をたどる今川家の跡を継いだ氏真(尾上松也)と寿桂尼(浅丘ルリ子)は、離反者の粛清に躍起になっていた。ある日次郎法師のもとに、元康からの御礼の品が届く。直親(三浦春馬)は今川家と手を切り、元康と手を組むことを決意する。ついに元康との密会を果たす直親だが、それは今川が仕掛けた罠だった。今川から井伊が松平と内通している証拠を突きつけられた政次(高橋一生)は、内通の事実を認めてしまう。今川から呼び出しを受けた直親を救おうと、次郎法師は瀬名を頼るが拒否されてしまう。わずかな供を連れ駿府に向かう直親を、今川勢が取り囲む。

第11回の“KEY”!第11回の“KEY”!

KEYポイント

井伊家の命運を左右する今川家の策とは

この世の春を謳歌した今川家。桶狭間の戦いで要である義元(春風亭昇太)を失ったことをきっかけに、その勢いが急激に衰え始める。それを機に謀反を起こした元康は三河を制し、遠江、やがては駿河へと攻め込む勢い。元康のみならず、相次ぐ領主たちの寝返りを食い止めようと、今川が井伊家に仕掛けた策とは…

KEYパーソン

????

今週、この方が登場します!星田英利(ほしだひでとし)さん。何の役に扮するかは、ドラマを観てのお楽しみ。かなりの・・・KEYパーソンです!!

フォトギャラリーフォトギャラリー

今川からの脱出
井伊の窮地
幸福、そして別れの予感

もどる