あらすじ

走れ竜宮小僧

第10回 走れ竜宮小僧 2017.03.12放送

お気に入りに追加

奥山朝利(でんでん)をもみ合いのすえ刺殺してしまった政次(高橋一生)が次郎法師(柴咲コウ)のもとを訪れる。次郎法師は手負いの政次を寺でかくまうことにする。父を討たれたしの(貫地谷しほり)は悲嘆にくれるが、小野家に嫁いでいた妹のなつ(山口紗弥加)の口から意外な事件の真相が語られていく。そんななか、しのと直親の間に待望の嫡男・虎松が誕生。政次は祝いの品として直満の所領を返上すると直親に告げる。一方、松平元康(阿部サダヲ)は今川家に反旗を翻すが、駿府に残された妻の瀬名(菜々緒)は窮地に立たされてしまう。次郎法師は瀬名の命乞いをするため今川館に赴き、寿桂尼(浅丘ルリ子)と対面。しかし、折悪しく寿桂尼の孫が松平によって討たれたとの知らせが入り、瀬名には自害が申し渡される。

第10回の“KEY”!第10回の“KEY”!

KEYポイント

思い立ったらすぐ行動!

織田から城を守っていたのではなく、織田と手を結び今川家に反旗を翻した松平元康。今川と松平が戦を始めたと聞いた次郎法師は、駿府に残された元康の妻・瀬名のことが心配でたまらなくなり…。

KEYパーソン

なつ

しのの妹で、政次の弟・玄蕃(井上芳雄)に嫁ぐが、夫を桶狭間の戦いで亡くす。玄蕃亡き後も嫁ぎ先に留まると、父・朝利に政次を通して伝えたことから惨事が起こる。父の死を悲しむも、なつは井伊家家中たちが驚くことを言い出す!

フォトギャラリーフォトギャラリー

竜宮小僧の役目
竹馬の友
瀬名を救え!

もどる