あらすじ

桶狭間に死す

第9回 桶狭間に死す 2017.03.05放送

お気に入りに追加

今川義元(春風亭昇太)に従い、尾張の織田攻めへと向かった直盛(杉本哲太)。父の無事を祈る次郎法師(柴咲コウ)の元に思わぬ悲報がとびこむ。桶狭間で今川軍が大敗し、直盛も討ち取られたというのだ。負傷兵たちの手当てに次郎法師が奮闘する中、供をしていた奥山孫一郎(平山祐介)から直盛の最期の様子が語られる。一方、松平元康(阿部サダヲ)は空になった古巣の岡崎城に入城し、ついに今川家からの独立を果たす。そんななか井伊家では、しの(貫地谷しほり)の懐妊が判明、喜びの笑顔がこぼれる。同じ頃、政次(高橋一生)が井伊家を乗っ取ろうとしていると疑う奥山朝利(でんでん)は、密かに政次を呼び出し、突然斬りかかる。驚いた政次は、とっさに朝利を斬ってしまう。

第9回の“KEY”!第9回の“KEY”!

KEYポイント

桶狭間の爪痕(つめあと)

負けようがない戦と思われた桶狭間に向かった直盛、奥山朝利、小野玄蕃(井上芳雄)、孫一郎。だが、思わぬ事態が起こる。そのとき直盛の策とは、そして千賀(財前直見)の思いやりとは…。

KEYパーソン

奥山朝利

井伊家の重臣で、孫一郎としの、なつ(山口紗弥加)の父。小野家に嫁がせたなつを、取り戻そうとするが…。

フォトギャラリーフォトギャラリー

井伊家、桶狭間の戦い
青天の霹靂
当主の妻、千賀の思い

もどる