あらすじ

赤ちゃんはまだか

第8回 赤ちゃんはまだか 2017.02.26放送

お気に入りに追加

直親(三浦春馬)と夫婦になって4年、しの(貫地谷しほり)はいまだ懐妊の兆しがないことを気に病んでいた。その様子を見かねた次郎法師(柴咲コウ)は、政次(高橋一生)に子を授かるための妙薬を買い求めてくるよう願い出る。その頃駿府では、今川義元(春風亭昇太)が家督を息子の氏真(尾上松也)に譲り、尾張の織田攻めに向けて着々と準備を進めていた。直親はこの戦で初陣を飾りたいと直盛(杉本哲太)に参陣を申し出るが、跡取りがいないこともあり直盛からは留守居を命じられる。なかなか跡取りを授からない直親に側女(そばめ)の話しが持ち上がるが、しのの気持ちや次郎の働きもあり1年の猶予が設けられた。そしていよいよ、義元より尾張への出陣の命が下る。

第8回の“KEY”!第8回の“KEY”!

KEYポイント

次郎としのの女の戦い?!

直親の正室となったしのだが、元許婚の次郎法師の存在にプレッシャーを感じていた。そんなしのに最初は遠慮していた次郎だが、次郎を警戒するしののあまりの言動についに怒りを覚え・・・。ところがしのは、さらに次郎の怒りを逆なでする行動に出る!

KEYパーソン

今川義元

今川家当主。井伊家をその強大な武力のもとに屈服させた戦国大名。三河を収めた今川義元は、駿河・遠江の管轄を氏真に譲り、尾張侵略に本腰を入れる。これにより、井伊に戦支度が命じられる。井伊の行く末を大きく揺るがす歴史の大渦が、動き始めた…。

フォトギャラリーフォトギャラリー

夫婦の戦い、女の戦い
嵐の前の静けさ
運命の桶狭間へ

もどる