あらすじ

亀之丞帰る

第5回 亀之丞帰る 2017.02.05放送

お気に入りに追加

天文23年(1554)春。成長した次郎法師(柴咲コウ)は僧としての修行を積みながら、行方知れずの亀之丞(三浦春馬)の帰りを待つ日々を過ごしていた。駿府では今川義元(春風亭昇太)が武田・北条との縁戚関係を背景にいっそう権勢をふるい、いよいよ三河平定へと乗り出そうとしていた。この今川家の威光を笠に井伊家中での実力をさらに強めた小野政直(吹越満)は、嫡男・政次(高橋一生)と奥山朝利(でんでん)の娘を夫婦にし、その子を井伊家の後継者にしようと画策する。しかし小野家を毛嫌いする直平(前田吟)ら家臣たちはこれに猛反対。そんな中、突然政直が病に倒れ、まもなく息を引き取る。
武田・北条・今川家は三国同盟を締結。それを機に、身を隠していた亀之丞が井伊谷に帰還する。次郎は、成長した亀之丞との再会に心躍るが、出家した身であると思いを飲み込む。そんな次郎に、亀之丞は「おとわと一緒になる」と告げる。

第5回の“KEY”!第5回の“KEY”!

KEYポイント

亀之丞帰還の知らせで煩悩が大騒ぎ?!

生きているのかさえも分からなかった亀之丞が井伊谷に帰ってくる。十年という歳月が流れていた。あまりの突然の知らせに落ち着かない次郎法師。その様を見た政次から「煩悩があるからでは?」と指摘される。次郎は亀のことを考えないようにと修行に明け暮れるが…。成長した次郎、亀、鶴、がいよいよ登場。詳しくは特集「いよいよ…柴咲コウさん登場!」へ!

KEYパーソン

瀬名

佐名(花總まり)の娘・瀬名(菜々緒)。幼き頃から、義元の息子・氏真(尾上松也)の妻の座を望んでいたが、氏真は北条の姫をめとる。瀬名から届いた次郎あての文からは、瀬名の悔しい思いと同時に今川の情勢なども伝わる。

フォトギャラリーフォトギャラリー

井伊を継ぐ者は亀之丞!
我が世の春の今川
再会による動揺?!

もどる