あらすじ

井伊谷いいのやの少女

第1回 井伊谷の少女 2017.01.08放送

お気に入りに追加

天文13年(1544)遠江の国・井伊谷。のちに井伊直虎(柴咲コウ)という勇ましい男名で戦国の世を生き抜くことになる少女・おとわ(新井美羽)は、井伊家当主の父・直盛(杉本哲太)と母・千賀(財前直見)のもと幸せな日々を過ごしていた。おてんばなおとわの遊び相手は幼なじみの亀之丞(藤本哉汰)と鶴丸(小林颯)。ある日、おとわに亀之丞との縁談話が舞い込む。当主の座を継ぐつもりだったおとわは最初戸惑うが、やがて亀之丞の妻として井伊家を支えていこうと心に決める。そんな折、亀之丞の父である井伊直満(宇梶剛士)が、主家である今川義元(春風亭昇太)に謀反の疑いをかけられ、駿府に呼び出され討たれてしまう。さらに今川は、亀之丞の首を差し出せとの命を下す。悩んだ末、井伊は亀之丞を逃がすことにした。

第1回の“KEY”!第1回の“KEY”!

KEYポイント

子ども時代に築かれる3人の絆

男の子のように育ち、井伊家を継ぐ気満々のおとわ。そんなおとわのいいなずけになる亀之丞は、体は弱いけれど心の優しい少年。おとわのために強くなろうと決意!賢さゆえに父の立場が気になる鶴丸は、おとわのことが好き?

KEYパーソン

井伊直満

亀之丞の父。井伊を支配する今川に対して強硬派の剛直な武士。おとわと亀之丞の縁組が決まったことで強気になった直満の姿勢が波乱を呼ぶことに…。

フォトギャラリーフォトギャラリー

井伊家当主のひとり娘・おとわ
幼なじみのおとわ、亀之丞、鶴丸
井伊家の家督をめぐって

もどる