特集

PICK UPPICK UP

お気に入りに追加

もっと知りたい!おとわ、亀之丞、鶴丸

遊びも、学びも、どんな時でもいつも行動をともにする3人、おとわ、亀之丞、そして鶴丸。3人の間柄って?そして演じているのは?
  • おとわ[井伊家当主のひとり娘。次期当主となる男子を迎えることになる。快活で、思ったら即行動、苦手なことにもチャレンジし、大胆な決断ができる。]

    演じるのは…新井美羽ちゃん

    大河に出るのは夢だったので、決まったときはうれしくて部屋の中を飛び回ってしまいました(笑)。おとわは勇気があるし、素直で真っ直ぐで、そこがすごいと思います。元気なところは私に似てるかな。
    撮影が大変だと思ったことはありません。お芝居について監督が言ってくれたことは直虎専用のネタ帳に書いておいたり、亀之丞や鶴丸とは一緒にいるだけで楽しい。でも現場で一番遊んでくれたのは傑山役の市原隼人さん。なぞなぞをしたり、待ち時間に勉強を教えてくれたりしました。柴咲コウさんにお会いしたときは、すごくきれいでドキドキしました。柴咲さんの直虎をテレビで見るのが楽しみです。
    すてきなセット、すてきな共演者、お話も本当にすてきなので、みなさん、ぜひ見てください。

    あらい・みう 2006年生まれ。主な出演作に、ドラマ「謎解きはディナーのあとで」「HERO」「恋仲」「ナオミとカナコ」、映画「謝罪の王様」など。NHKでは連続テレビ小説「花子とアン」、「小暮写真館」「みいつけた!エビバデオフロスキー」「かすていら」「ママゴト」など。大河ドラマは初出演。

  • 亀之丞[井伊家の血をひくことからおとわと夫婦(めおと)約束をする。体は弱いけれど負けん気が強く、人をひきつける笑顔が魅力。亀之丞が吹く笛の音は人をうっとりとさせる。]

    演じるのは…藤本哉汰くん

    亀之丞は、おとわのことが好きで、病気がちだけど一生懸命努力をする男の子です。鶴丸とおとわがけんかしているところで二人のけんかを止めるために亀乃丞が笛を吹くシーンがあるのですが、そこは亀之丞の優しさが出ていてすごく印象に残っています。
    大河ドラマに出演することは、自分にとっても夢だったので、亀之丞の役を演じることができて本当に嬉しいです。自分も弱いところがあるので、亀之丞が努力している姿はたくましく思うし、見習いたいと思います。

    ふじもと・かなた 2003年生まれ。主な出演作に、ドラマ「名前をなくした女神」「家族のうた」「明日、ママがいない」など。NHKでは「いつか陽のあたる場所で スペシャル」など。大河ドラマは「平清盛」に出演。

  • 鶴丸[井伊家筆頭家老の嫡男。頭がきれ、周りの状況を読み、自分の心を押し殺すことができる。おとわへの思いも…。]

    演じるのは…小林颯くん

    浜松のロケでは洞窟の近くの山で初めて蛇の泳ぎを見たり、5センチくらいあるおっきいクモにあったり、3人一緒の撮影は楽しかったです。僕が「かいかい」、美羽ちゃんが「み〜ちゃん」、哉汰くんは「かなかな」ってあだ名で呼び合ったりしていました。
    鶴丸は頭が良くて我慢強い子ですね。あとクールなイメージもあります。我慢強いところは僕も似ているかな。おとわは元気な子、亀之丞は体は弱くても心は強い優しい子だと思う。鶴丸は、あまりセリフが多くないので表情で表現することが多く、どうやったら見ている人たちにわかるかなということを考えながらやっていました。仲良しだった3人は別れたあと、悩みを抱えながら成長していきます。そんな姿を見てもらえたらうれしいですね。

    こばやし・かい 2005年生まれ。主な出演作に、ドラマ「ドクターカー」「警視庁捜査一課9係 season1」、映画「脳男」、「怨恨」シリーズなど。NHKでは「精霊の守り人」など。大河ドラマは初出演。

3人の関係性は、今後の井伊家に大きく影響を与えていきます。そして、3人のどの立場に立つかによってドラマの見え方も変わってきます。3人の恋模様も見逃せないですね!