特集

インタビューインタビュー

お気に入りに追加

大切な人を失ったからこそ、民を大事にする世を…[徳川家康役・阿部サダヲさん]

瀬名との思い出

最初に家康役のお話をいただいたとき、「家康は奥さんと息子を殺してしまう悪いやつ」という声も耳に入りました。そんなシーンがどこかで出てくるのかなと思っていたのですが、今回はそういう描き方ではなかった。だから、家康が浜松、瀬名と信康が岡崎と離ればなれになり、しばらく会っていなくても本当にそんな日が来るとは思えませんでした。それでは歴史が変わってしまいますが(笑)、それくらいいい関係を築けていたし、瀬名に言われたことが家康の心に響くという場面もたくさんありましたから。

ところが、久しぶりに会ったときには「奥は乱心した」だし、その後は「瀬名を打ち首にしろ」でしょう。本当にかわいそうだし、家康にとっても辛い出来事だったと思います。瀬名への思いを断ち切れずぼーっとしたまま次へ進むことができない。そんなとき、万千代がいきなり盤上の碁石をばらまいたシーンは強烈でした。ずっと瀬名を思い続けていたので、その瞬間、「瀬名」と声に出して言ってみたんです。台本上では瀬名の「せ」としか書かれていなかったのですが、僕はあえて「瀬名」と。オンエア的に伝わったかどうかはわかりませんが、それくらい瀬名を大事にしていた家康の気持ちであり、この後は瀬名に言われたことを心に留めて実行していく家康がいます。岡崎衆を前に、瀬名のために駿河を取ろうという場面もその一つです。

万千代とのやりとり

後半は万千代とのシーンが多いのですが、演じる菅田将暉くんが全力で真正面から万千代の熱意をぶつけてきてくれます。そんな彼の野心を家康がちょっとずつすかしながらやりとりする。そこが面白いですね。台本を読んでも二人のシーンはどこか笑えるところがあり、その空気を生かしていきたいと思いながら演じています。もちろん監督の意向もありますから、これ以上は無理というところの一歩手前くらいまで遊びをいれて笑いにしていくという感じです。

家康は万千代の発想や、一つのことをとことんやりきる姿勢を高く評価したのだと思います。最初に手紙で「井伊の名を名乗りたい」と言ってきたときから、面白いと思ったのでしょうね。囲碁をやっているので何手も先まで読み、万千代が4手先ぐらいのことを言ってきたら、自分は5手先までいって意地悪してあげようとか(笑)。そこを楽しんでいたような気がします。それに万千代の発想や、一つのことをとことん突き詰めて成し遂げる姿勢も評価していました。下足番をやれば創意工夫をこらし、留守居役も徹底的に務める。戦の論功行賞で武将が申告した首の数を一晩で表にまとめたエピソードが描かれましたが、あれもすごいなと思いました。

家康の魅力

ここまで演じてきて、“タヌキ親父”と呼ばれた腹黒く怖い人物だというイメージがまったくなくなりました。僕は“豆ダヌキ”と言われていましたが、そうそう、その印象がいいなと(笑)。

家康があれほど長い間、人質として過ごしていたことを知らなかったのですが、それだけ我慢の時期があったことが、考え方や判断に大きな影響を与えたんだろうなと想像できました。最初から武将としてがんがん攻めていき、最終的に上り詰めたエリートではなかった。だからこそ逆に我慢をしている人たちを上にあげていこうとか、人の可能性をすごく見ている気がしてカッコいいなと思います。やっぱり“人”が好きだったんでしょうね。僕も同じというか、いろんな人になりたくて役者をやっているところがあるので、そこにも親近感を覚えます。

ここからの目標は、誰も失わずにみんなが豊かになっていくこと。家にとらわれず、ここに入れば出世ができるという現代の会社のような在り方。江戸時代が長く続いたのは家康のそんな考え方があったからですよね。戦国時代、とくに織田信長と一緒にいると「いつ殺されるのか」と、ずっとビビっていないといけない。あれは怖いです(笑)。もっとも演じていては楽しかったのですが。

最終回に向けて、大事な人を失ってからの家康がさらに変わっていく姿、そして万千代とのシーンを楽しんで見ていただければと思います。