特集

インタビューインタビュー

お気に入りに追加

ずっと側で見守っています [祐椿尼役・財前直見さん]

娘だったからこその幸せ

祐椿尼には当初「男の子が産めなくてごめんなさい」という気持ちがありました。でも今思えば、おとわが息子だったら絶対に先立たれているでしょうね。それで井伊家は本当に終わっていたかもしれません。娘だったからこそ、ずっと側にいられたのですから、結果的には幸せだったと思います。

それに幼少期のおとわはすでに「自分が城主になる」と決めていたようなところがあり、祐椿尼は彼女の姿を見守りながらゆっくりと娘が城主になることを覚悟させられたような気がします。その後、本当に城主となり、おとわ自身は数奇な運命をたどって人生を歩んできたのかもしれませんが、結局は本人が決めてきた道。それを全うしたようなところもあるので、母としては側にいて温かく見守ることが出来たというだけで幸せなのかもしれません。

周囲の男性たちを次々と亡くした祐椿尼にとって、虎松が成長して井伊家を繋いでくれたことは大きな喜びでした。だからこそ、できることなら戦をしないで生き延びてほしいと人一倍思っているのも確か。祐椿尼は龍潭寺で周囲の皆の身の安全をずっと祈っていたんじゃないかと思いますね。

大きな母の眼差しで…

井伊家の女性は変化を受け入れるのが早くて、井伊谷が焼け落ちたときも、あまり深く考えずに現実を受け止めるようなところがありました。そういう点では強い女性たちが多いのかなと思います。

祐椿尼も直虎が城主でなくなった後の切り替えが早くて、おとわに戻ったからにはひとりの女として幸せになってほしいと思うようになった。“まだ間に合うわよ”ってね。やはり「やっと普通の女の子になれた」と、どこかで安堵したような気持ちだったのだと思います。だからこそ「母は孫を抱きたいのです。ゆえに、ここは母のために頭と共に行ってくれませんかね」って言えたんじゃないかな。

そんな風に祐椿尼は、直虎だけでなく周囲の人たちが大人になっていく様を近くで見守ってきたので、大きな母のような眼差しで全体を包んでいるような気がします。森下(佳子)さんの描く脚本の力が大きいと思うのですが、私自身も立場に応じて変化していく皆の振る舞いを見たり、セリフを聞く度に「成長しているな、かっこいいなぁ」という思いを新たにしていました。

幸せな最期でした

「もっと案じていたいですね、もっと、もっと、そなたの身を」死を予感した祐椿尼がおとわにかけた最後の言葉です。この後、祐椿尼は最期を迎えたわけですが、きっと亡くなってもおとわと一緒にいるんじゃないかなと思いましたね。姿形は見えなくなっても、ずっと側で見守っている。そう確信できるほど深い母親の愛情でした。

それにしても祐椿尼は誰の手も煩わさず、しかも会いたい人がみんな会いに来てくれた後に最期を迎えられた。なんて幸せなんだろうと思いながら、演じられました。

祐椿尼は「おんな城主 直虎」から去りますが、直虎の人生をみなさんと一緒に最終回まで見守りたいですね。きっとドラマが終わってしまったら“直虎ロス”になると思うんです。でも、つまづいた時には「何か解決方法ないかなぁ」と生きる上でのヒントを探るような気持ちで見直していただけるといいなぁ。また、森下さんの脚本には人への想いをないがしろにしない解決法が随所に描かれているので、“愛”を感じられるエピソードも最後まで変わることなく続いていきます。そうした点にも注目していただけたらと思っています。