特集

インタビューインタビュー

お気に入りに追加

切なる思いを義兄上・政次様に託して なつ役・山口紗弥加さん

義兄上様のいちばんの理解者に

井伊のために小野へと嫁いだものの、早くに夫・玄蕃を戦で亡くしてしまったなつ。でも、なつは夫に先立たれてからも、井伊と小野との懸け橋であり続けようと努める芯の強さを持った女性です。そして、亥之助という小野家の子を産んだなつは、義兄上様である政次が背負った井伊家の中における孤立、孤独を、誰より理解している存在でもあったと思います。

井伊から見るといまひとつ真意がつかめない政次ですが、義兄上は井伊家筆頭家老としての役目をまっとうしているのだと、なつは信じて疑いません。今川の目付けではありますが、筆頭家老としての政次は、やはり井伊家にとって大切な屋台骨であり、縁の下の力持ちです。だからこそ、自分はその土台となる“土”になる。 私が大地となり、しっかとお支え致しますので、義兄上はどうぞお気遣いなく。思うままに家老職に励んでください。と、なつはそんな気持ちだったのではないかと推察します。

それは“恋”にも似た……!?

義兄上様の力になりたい、その一心で立ち働くうちに、きっとどこかで政次に対して恋愛にも似た感情が生まれてくると思うのです。でも、なつはとても分別のある女性なので、台本には描かれない部分でのなつの気持ちを想像し、寄り添いながら、その心の行く末を見守っていきたいと思います。

女性たちが自由に生き方を選択できない戦国乱世のなかで、なつはなつなりに必死にもがき、葛藤しながら生きていたのかもしれませんね。誰もが“ジ・エンド”と思えるような窮地を斬新なアイディアと大胆な行動力で切り抜けていく直虎の生き方は、なつから見ても、まさに新時代の女性の姿としてまぶしく映ったと思います。それはなつには決してできない生き方。だからこそ政次を信じ支えることで、政次を介して少しでも井伊の役に立ちたいと、なつなりの想いを託していたのではないかとも感じました。

現場の家族的なムードが癒やしです

一見、なつの生き方はけなげで賢く思えますが、自由な現代に生きる私からすると、「少しくらいわがまま言ってもいいんじゃない?」なんて、歯がゆくなることも(笑)。女性として、もう少し自分の気持ちを大事にしてほしいという……なんとも身勝手な願いです。でも、そんな思いも撮影現場に漂うアットホームな雰囲気に癒やされています。

なかでも子役の子供たちとの時間は、気持ちがほっこり、やわらかくなります。井伊家嫡男・虎松を演じる寺田心くんには、あまりのかわいらしさに、会うたび心をわし掴みにされています(笑)。もちろん、息子の亥之助を演じる荒井雄斗くんにも。先日、自分の出番はとっくに終わっているくせに亥之助が気になって帰るに帰れないでいたところ、方久役のムロツヨシさんに見つかって、「帰るタイミング逸した?逸したよね?ねぇ?」とからかわれ…。私は亥之助を見ているんだ!と。私にとっての癒やしタイム、そっとしておいてほしかったです(笑)。そんなことを言えてしまうくらい現場は本当に家族的なムードが漂っていて。物語は波瀾万丈の展開ですが、日々共演者の方たちやスタッフの方たちに支えていただき、しあわせな時間を過ごしています。